「働きがい」とは何か?

当たり前のことだが、仕事にやりがいを感じてくれる社員が多いほうが、企業

にとってありがたいことは間違いない。

そのために、企業は様々な福利厚生や評価制度、適度な人事ローテーションな

どの制度(もちろん、給与制度も)を通じて、メンバーの働く意欲、やりがい

創造を図ろうとしている。


最近では、社員旅行や運動会を復活させたり、社員食堂を充実(時には無料に)

させたり、一時、なくなっていった制度、仕組みを復活させたりするところも

多いと聞く。

では、それらの様々な制度のうち、いったい何が最も効果が高いのだろうか。


厚生労働省が実施した「働きやすい・働きがいのある職場づくりに関する調査

報告書」(平成26年)という調査がある。

この中で『企業の行う雇用管理制度と「働きがい」「働きやすさ」の関係』と

いう項目があり、ここで書かれていることをまとめると、下記のすべての項目

を実施されている方が、やりがいを感じる従業員が多いらしい。


・評価処遇・配置に関する制度

 (評価のフィードバックや定期的なジョブローテーション等)

・人材育成制度(研修への参加やTQM等)

・業務管理・組織管理(従業員の意見の吸い上げや仕事の説明等)

・福利厚生(安全管理に関する研修や法定外の健康診断等)


まとめとして、この報告書では、『「働きがい」は「自分の意見や