「働きがい」とは何か?

当たり前のことだが、仕事にやりがいを感じてくれる社員が多いほうが、企業

にとってありがたいことは間違いない。

そのために、企業は様々な福利厚生や評価制度、適度な人事ローテーションな

どの制度(もちろん、給与制度も)を通じて、メンバーの働く意欲、やりがい

創造を図ろうとしている。


最近では、社員旅行や運動会を復活させたり、社員食堂を充実(時には無料に)

させたり、一時、なくなっていった制度、仕組みを復活させたりするところも

多いと聞く。

では、それらの様々な制度のうち、いったい何が最も効果が高いのだろうか。


厚生労働省が実施した「働きやすい・働きがいのある職場づくりに関する調査

報告書」(平成26年)という調査がある。

この中で『企業の行う雇用管理制度と「働きがい」「働きやすさ」の関係』と

いう項目があり、ここで書かれていることをまとめると、下記のすべての項目

を実施されている方が、やりがいを感じる従業員が多いらしい。


・評価処遇・配置に関する制度

 (評価のフィードバックや定期的なジョブローテーション等)

・人材育成制度(研修への参加やTQM等)

・業務管理・組織管理(従業員の意見の吸い上げや仕事の説明等)

・福利厚生(安全管理に関する研修や法定外の健康診断等)


まとめとして、この報告書では、『「働きがい」は「自分の意見や希望が受け

入れられる」「自分の仕事の意義や重要性に対して説明がなされる」といった

「自己効力感」が充足されるような雇用管理がなされた場合に高まる傾向』が

あるという。


正直、当たり前すぎて、脱力しそうだが、この調査が行われている背景には、

これらのことが(できているつもりで)できていない企業が多いということが

あるのだと思う。


ただ、これらのことさえできれば、従業員はやりがいを感じるのだろうか?

これは推察ではあるが、これらのことができている企業は、その他のことでも

従業員に対する動機づけ要因の施策や、働きやすい環境づくりなど、配慮施策

が行き届いているのではないだろうか?

マネジメント風土や組織文化が良いからこそ、これらの制度やしくみが整い、

機能するのであろう。


売り手市場といわれる採用活動のなか、「うちはノー残業です」というのを、

売りにしている企業も多いと聞く。

ただ、学生からすれば「どこもそう言っている」と感じるそうで、「実際に働

いている人に会って、その会社が好きでいきいきと働いているかどうかで、そ

の会社が良いかどうかを判断する」のだそうだ。


多様な人材を採用している以上、多様な人事制度、対応策が必要だ。

それらの見直しも行いながら、わが社のマネジメント風土や組織文化を、点検

する必要があるだろう。


20170405 ジェックメールマガジンより

関連記事

すべて表示

第二の人生に備える

コロナ禍の今は、助走している時間すらないようにも思う。 おそらく、助走していた人も、今はその助走ができなくなっている。 助走するにも、方向の定めようがなくなっている人も多いだろう。 今は、新しいことに助走している人たちを応援することが必要な時代なのではないか。こういう時だから

今だからこそ「心理的安全性」の重視

弊社では、リーダーと部下との関係を相互の信頼関係で測るという理論を持っている。 上下の間の信頼関係ができていれば、お互いに同じ方向を向いて、虚心坦懐に話すこともできる。 組織内の信頼関係づくりが有効であることは間違いないだろう。

ばらつきを生かす

工業製品以上に、人間のやることは、もっとばらつきが大きい。 いくら標準化しようとも、人によってやり方や考え方は違ってくるものだ。 ある程度一定のルールややり方で縛られている業務であれば、アウトプットの差は少なくなるだろうが、同じ業務でも人によってそのスピードや手順が変わっているこ