トップが率先して明るく燃えよ

震災時、誤った情報がSNS上で増幅されて発信されたことは記憶に新しい。

不安な人々やそれを気遣う人々が善意で情報を再発信したのだが、人々の

不安感が大きければ大きいほど、このような誤発信は増幅しやすい。


同様に、企業内でも業績が悪くなったりすると、真実とは言えないマイナス

情報が増幅されて社員間を駆け巡ることがある。

マイナス情報は、従業員の不安感をつのらせ、夢を打ち砕き、希望を失わせ、

心をさらに暗くする。

そのまま、何も手を打たないと、どんどん業績低迷の方向に向かってしまいそ

うな気分になる。


このように考えると、従業員の「志気」こそ「最重要資源」とはいえないだろ

うか。

カネ・モノ・ヒト・情報・時間・頭脳などという「各種資源」といわれるもの

も、最終的には、働く人たちの「やる気」や「元気」「活力」によって、左右

されることになるのだ。


「志気」や「活力」が、低かったり、弱かったりすれば、せっかくの優れたそ

の他の「資源(人、モノ、金、情報、時間)」も活用されず、宝のもちぐされ

になってしまう。

そう考えると、「気力」のような「心的エネルギー」が最も重要な「資源」と

は言えないだろうか。

「心的資源」を最重要資源と位置づけて経営をする「心的資本主義」(マイン

ド・キャピタリズム)という視点こそ、変革の激しい現代の経営に成功する要

ではないだろうか。


従業員の心が落ち込み、萎縮し、暗く沈みがちな時こそ、トップは、心が明る

くなり、希望を持てるようになるような働きかけをすることが役割であり、

重要な任務となる。

社員の心という資源に火をつけ、燃え立たせ、やる気を引き出すには、経営者

自身が、「元気」と「気力」に満ちて「活力源」を提供する源たる必要がある。


最新記事

すべて表示

弱さこそ強さ

斎藤清作というボクサーがいたことを知っている人はいるだろうか。 1964年に日本フライ級チャンピオンになった人物だ。 そのファイティングスタイルは、ひたすら相手に打たせ続け、 相手が疲れてきた後半に反撃する、というものだ。 打たれても打たれても、ひたすら前に出る。 瞼が切れ、鼻

想像力を働かせることの重要性

もう四半世紀以上前になるが、一緒に働いていた後輩に、 「相手の状況を理解できない」タイプの人物がいた。 後輩「経験してないですし、そんな他人のやっていることはわからないです」 筆者「じゃ、経験したことならわかるのか?」 後輩「バイトとかして、働いた仕事ならわかります」 筆者「想

ニーズの「束」と「核」を再点検

昨年、自宅用のPCを買おうとして、色々情報を得たが、 かなり逡巡する結果となった。 価格や付帯ソフト、CPU、メモリー等基本スペック、 さらには大きさ、色、拡張のし易さ、アフターサービス等、 PCを買おうとするだけで、かなり多くの条件を考え、悩んだ。 伊丹敬之が『経営戦略の論理

創業 1964年6月

本社:東京都豊島区東池袋3丁目1-1 サンシャイン60ビル20階|日本

TEL 03-3986-6365 

大阪 名古屋 

嘉顧企業管理諮詢(上海)有限公司

JECC VIETNAM COMPANY LIMITED