トップが率先して明るく燃えよ

震災時、誤った情報がSNS上で増幅されて発信されたことは記憶に新しい。

不安な人々やそれを気遣う人々が善意で情報を再発信したのだが、人々の

不安感が大きければ大きいほど、このような誤発信は増幅しやすい。


同様に、企業内でも業績が悪くなったりすると、真実とは言えないマイナス

情報が増幅されて社員間を駆け巡ることがある。

マイナス情報は、従業員の不安感をつのらせ、夢を打ち砕き、希望を失わせ、

心をさらに暗くする。

そのまま、何も手を打たないと、どんどん業績低迷の方向に向かってしまいそ

うな気分になる。


このように考えると、従業員の「志気」こそ「最重要資源」とはいえないだろ

うか。

カネ・モノ・ヒト・情報・時間・頭脳などという「各種資源」といわれるもの

も、最終的には、働く人たちの「やる気」や「元気」「活力」によって、左右

されることになるのだ。


「志気」や「活力」が、低かったり、弱かったりすれば、せっかくの優れたそ

の他の「資源(人、モノ、金、情報、時間)」も活用されず、宝のもちぐされ

になってしまう。

そう考えると、「気力」のような「心的エネルギー」が最も重要な「資源」と

は言えないだろうか。

「心的資源」を最重要資源と位置づけて経営をする「心的資本主義」(マイン

ド・キャピタリズム)という視点こそ、変革の激しい