トップが率先して明るく燃えよ

震災時、誤った情報がSNS上で増幅されて発信されたことは記憶に新しい。

不安な人々やそれを気遣う人々が善意で情報を再発信したのだが、人々の

不安感が大きければ大きいほど、このような誤発信は増幅しやすい。


同様に、企業内でも業績が悪くなったりすると、真実とは言えないマイナス

情報が増幅されて社員間を駆け巡ることがある。

マイナス情報は、従業員の不安感をつのらせ、夢を打ち砕き、希望を失わせ、

心をさらに暗くする。

そのまま、何も手を打たないと、どんどん業績低迷の方向に向かってしまいそ

うな気分になる。


このように考えると、従業員の「志気」こそ「最重要資源」とはいえないだろ

うか。

カネ・モノ・ヒト・情報・時間・頭脳などという「各種資源」といわれるもの

も、最終的には、働く人たちの「やる気」や「元気」「活力」によって、左右

されることになるのだ。


「志気」や「活力」が、低かったり、弱かったりすれば、せっかくの優れたそ

の他の「資源(人、モノ、金、情報、時間)」も活用されず、宝のもちぐされ

になってしまう。

そう考えると、「気力」のような「心的エネルギー」が最も重要な「資源」と

は言えないだろうか。

「心的資源」を最重要資源と位置づけて経営をする「心的資本主義」(マイン

ド・キャピタリズム)という視点こそ、変革の激しい現代の経営に成功する要

ではないだろうか。


従業員の心が落ち込み、萎縮し、暗く沈みがちな時こそ、トップは、心が明る

くなり、希望を持てるようになるような働きかけをすることが役割であり、

重要な任務となる。

社員の心という資源に火をつけ、燃え立たせ、やる気を引き出すには、経営者

自身が、「元気」と「気力」に満ちて「活力源」を提供する源たる必要がある。


関連記事

すべて表示

第二の人生に備える

コロナ禍の今は、助走している時間すらないようにも思う。 おそらく、助走していた人も、今はその助走ができなくなっている。 助走するにも、方向の定めようがなくなっている人も多いだろう。 今は、新しいことに助走している人たちを応援することが必要な時代なのではないか。こういう時だから

今だからこそ「心理的安全性」の重視

弊社では、リーダーと部下との関係を相互の信頼関係で測るという理論を持っている。 上下の間の信頼関係ができていれば、お互いに同じ方向を向いて、虚心坦懐に話すこともできる。 組織内の信頼関係づくりが有効であることは間違いないだろう。

ばらつきを生かす

工業製品以上に、人間のやることは、もっとばらつきが大きい。 いくら標準化しようとも、人によってやり方や考え方は違ってくるものだ。 ある程度一定のルールややり方で縛られている業務であれば、アウトプットの差は少なくなるだろうが、同じ業務でも人によってそのスピードや手順が変わっているこ