明確にしよう!「自分は何をする人か」

各社の営業担当者に「あなたは何をする人ですか」と尋ねると、実にいろいろな

答えが返ってくる。


Aさん「物やサービスを売って集金する人です」

Bさん「顧客との信用を積み重ねる人です」

Cさん「売上げ目標を達成する人です」

Dさん「顧客と商品納入の打合せをする人です」

Eさん「販売店の経営指導をする人です」

Fさん「顧客の要望を聞いて社内にフィードバックする人です」

Gさん「商品を顧客に正しく広報する人です」

・・・・等々。



もちろん、いろいろな事を実践していると思うが、大切な事は、トップが彼等に

期待する役割機能を明確にしているか、さらにそれを彼等に徹底しているかと

いうことだ。

このことは営業担当者に対してだけではなく、社員全員に対しても同様である。


ディズニーリゾートでは、園内を掃除する“カストーディアルキャスト”という

職種がある。掃除のコンセプトは「世界一安全で清潔な場所」、モットーは

「汚れたから清掃するのではなく、汚れる前から清掃」なのだそうだ。

清潔さの基準は「そこで赤ちゃんがハイハイできるか」である。

ここまで明確であるからこそ、あの清潔さが保たれるのだ。

( http://ddnavi.com/news/148138/ より一部引用)


かつて、CIなどを制定し、自社の役割や個性を明確にしようとした時代も

あった。今も各社が様々な理念やビジョンを掲げ、将来を見据えた差異化戦略を

打ち出している。

しかし、本当に重要なのは、その戦略に基づき、各人が何で貢献するのか、その

役割を明確にすることではないだろうか。


個人の個性を生かすためにも、どんな役割を果たして欲しいのかを明確にする

ことで、本来以上の力を社員は発揮するものである。


20150624 ジェックメールマガジンより

最新記事

すべて表示

弱さこそ強さ

斎藤清作というボクサーがいたことを知っている人はいるだろうか。 1964年に日本フライ級チャンピオンになった人物だ。 そのファイティングスタイルは、ひたすら相手に打たせ続け、 相手が疲れてきた後半に反撃する、というものだ。 打たれても打たれても、ひたすら前に出る。 瞼が切れ、鼻

想像力を働かせることの重要性

もう四半世紀以上前になるが、一緒に働いていた後輩に、 「相手の状況を理解できない」タイプの人物がいた。 後輩「経験してないですし、そんな他人のやっていることはわからないです」 筆者「じゃ、経験したことならわかるのか?」 後輩「バイトとかして、働いた仕事ならわかります」 筆者「想

ニーズの「束」と「核」を再点検

昨年、自宅用のPCを買おうとして、色々情報を得たが、 かなり逡巡する結果となった。 価格や付帯ソフト、CPU、メモリー等基本スペック、 さらには大きさ、色、拡張のし易さ、アフターサービス等、 PCを買おうとするだけで、かなり多くの条件を考え、悩んだ。 伊丹敬之が『経営戦略の論理

創業 1964年6月

本社:東京都豊島区東池袋3丁目1-1 サンシャイン60ビル20階|日本

TEL 03-3986-6365 

大阪 名古屋 

嘉顧企業管理諮詢(上海)有限公司

JECC VIETNAM COMPANY LIMITED