明確にしよう!「自分は何をする人か」

各社の営業担当者に「あなたは何をする人ですか」と尋ねると、実にいろいろな

答えが返ってくる。


Aさん「物やサービスを売って集金する人です」

Bさん「顧客との信用を積み重ねる人です」

Cさん「売上げ目標を達成する人です」

Dさん「顧客と商品納入の打合せをする人です」

Eさん「販売店の経営指導をする人です」

Fさん「顧客の要望を聞いて社内にフィードバックする人です」

Gさん「商品を顧客に正しく広報する人です」

・・・・等々。



もちろん、いろいろな事を実践していると思うが、大切な事は、トップが彼等に

期待する役割機能を明確にしているか、さらにそれを彼等に徹底しているかと

いうことだ。

このことは営業担当者に対してだけではなく、社員全員に対しても同様である。


ディズニーリゾートでは、園内を掃除する“カストーディアルキャスト”という

職種がある。掃除のコンセプトは「世界一安全で清潔な場所」、モットーは

「汚れたから清掃するのではなく、汚れる前から清掃」なのだそうだ。

清潔さの基準は「そこで赤ちゃんがハイハイできるか」である。

ここまで明確であるからこそ、あの清潔さが保たれるのだ。

http://ddnavi.com/news/148138/ より一部引用)


かつて、CIなどを制定し、自社の役割や個性を明確にしようとした時代も

あった。今も各社が様々な理念やビジョンを掲げ、将来を見据えた差異化戦略を

打ち出している。

しかし、本当に重要なのは、その戦略に基づき、各人が何で貢献するのか、その

役割を明確にすることではないだろうか。


個人の個性を生かすためにも、どんな役割を果たして欲しいのかを明確にする

ことで、本来以上の力を社員は発揮するものである。


20150624 ジェックメールマガジンより

関連記事

すべて表示

第二の人生に備える

コロナ禍の今は、助走している時間すらないようにも思う。 おそらく、助走していた人も、今はその助走ができなくなっている。 助走するにも、方向の定めようがなくなっている人も多いだろう。 今は、新しいことに助走している人たちを応援することが必要な時代なのではないか。こういう時だから

今だからこそ「心理的安全性」の重視

弊社では、リーダーと部下との関係を相互の信頼関係で測るという理論を持っている。 上下の間の信頼関係ができていれば、お互いに同じ方向を向いて、虚心坦懐に話すこともできる。 組織内の信頼関係づくりが有効であることは間違いないだろう。

ばらつきを生かす

工業製品以上に、人間のやることは、もっとばらつきが大きい。 いくら標準化しようとも、人によってやり方や考え方は違ってくるものだ。 ある程度一定のルールややり方で縛られている業務であれば、アウトプットの差は少なくなるだろうが、同じ業務でも人によってそのスピードや手順が変わっているこ