企業も定期的な健診が大事!

さまざまな成功法則が書かれた本を数十冊読んだ知人が一言、

「結局は目標を決めて、計画を作ってその通りやるということ以外、何も書いて

いないことに気付いた」

と言っていた。


経営の成功法則も似たようなものではないだろうか。

そこに書いてある普遍普及の法則は、

「人を大事にする」「ニーズを先読みする(戦略)」「良い組織文化を作る」

といったことに集約されるように思う。


どんなに良い商品を作っていても、「売る価値観」が薄い組織文化だと、うまく

売ることができないし、どんなに良い人が集まろうとも、市場を先読みできなけ

れば、いずれ売れる商品・サービスを見誤ってしまう。


そして、

「人、戦略、組織文化の中で、もっとも重要なものは何か」と聞かれれば、それは

組織文化である。良い組織文化の組織には、人が集まるし、組織文化が良いから

こそ戦略が浸透、実践されるのではないだろうか。



「文化」という言葉はあいまいな要素があるが「文明」が物質的な側面を多分に

含むのに対して、「文化」は精神的な側面を重視する面が強いと思われる。


人の場合、「病は気から」ともいうが、精神的な側面が肉体にも影響を及ぼすこ

とは、実感として多くの人が持っているだろう。

言い方を変えれば、精神を明るく健康に保ち、意識的に良い方向のイメージを描き続け

れば、病も近寄ってこないということだ。


組織も「人の集団」である。

一人の人間と同様に、精神を明るく健康に保ち、意識的に良い方向のイメージを

描き続けさせることで、病にかからないばかりか、より発展していくのではないだろうか。


20150805 ジェックメールマガジンより

最新記事

すべて表示

弱さこそ強さ

斎藤清作というボクサーがいたことを知っている人はいるだろうか。 1964年に日本フライ級チャンピオンになった人物だ。 そのファイティングスタイルは、ひたすら相手に打たせ続け、 相手が疲れてきた後半に反撃する、というものだ。 打たれても打たれても、ひたすら前に出る。 瞼が切れ、鼻

想像力を働かせることの重要性

もう四半世紀以上前になるが、一緒に働いていた後輩に、 「相手の状況を理解できない」タイプの人物がいた。 後輩「経験してないですし、そんな他人のやっていることはわからないです」 筆者「じゃ、経験したことならわかるのか?」 後輩「バイトとかして、働いた仕事ならわかります」 筆者「想

ニーズの「束」と「核」を再点検

昨年、自宅用のPCを買おうとして、色々情報を得たが、 かなり逡巡する結果となった。 価格や付帯ソフト、CPU、メモリー等基本スペック、 さらには大きさ、色、拡張のし易さ、アフターサービス等、 PCを買おうとするだけで、かなり多くの条件を考え、悩んだ。 伊丹敬之が『経営戦略の論理

創業 1964年6月

本社:東京都豊島区東池袋3丁目1-1 サンシャイン60ビル20階|日本

TEL 03-3986-6365 

大阪 名古屋 

嘉顧企業管理諮詢(上海)有限公司

JECC VIETNAM COMPANY LIMITED