企業も定期的な健診が大事!

さまざまな成功法則が書かれた本を数十冊読んだ知人が一言、

「結局は目標を決めて、計画を作ってその通りやるということ以外、何も書いて

いないことに気付いた」

と言っていた。


経営の成功法則も似たようなものではないだろうか。

そこに書いてある普遍普及の法則は、

「人を大事にする」「ニーズを先読みする(戦略)」「良い組織文化を作る」

といったことに集約されるように思う。


どんなに良い商品を作っていても、「売る価値観」が薄い組織文化だと、うまく

売ることができないし、どんなに良い人が集まろうとも、市場を先読みできなけ

れば、いずれ売れる商品・サービスを見誤ってしまう。


そして、

「人、戦略、組織文化の中で、もっとも重要なものは何か」と聞かれれば、それは

組織文化である。良い組織文化の組織には、人が集まるし、組織文化が良いから

こそ戦略が浸透、実践されるのではないだろうか。



「文化」という言葉はあいまいな要素があるが「文明」が物質的な側面を多分に

含むのに対して、「文化」は精神的な側面を重視する面が強いと思われる。


人の場合、「病は気から」ともいうが、精神的な側面が肉体にも影響を及ぼすこ

とは、実感として多くの人が持っているだろう。

言い方を変えれば、精神を明るく健康に保ち、意識的に良い方向のイメージを描き続け

れば、病も近寄ってこないということだ。


組織も「人の集団」である。

一人の人間と同様に、精神を明るく健康に保ち、意識的に良い方向のイメージを

描き続けさせることで、病にかからないばかりか、より発展していくのではないだろうか。


20150805 ジェックメールマガジンより

関連記事

すべて表示

第二の人生に備える

コロナ禍の今は、助走している時間すらないようにも思う。 おそらく、助走していた人も、今はその助走ができなくなっている。 助走するにも、方向の定めようがなくなっている人も多いだろう。 今は、新しいことに助走している人たちを応援することが必要な時代なのではないか。こういう時だから

今だからこそ「心理的安全性」の重視

弊社では、リーダーと部下との関係を相互の信頼関係で測るという理論を持っている。 上下の間の信頼関係ができていれば、お互いに同じ方向を向いて、虚心坦懐に話すこともできる。 組織内の信頼関係づくりが有効であることは間違いないだろう。

ばらつきを生かす

工業製品以上に、人間のやることは、もっとばらつきが大きい。 いくら標準化しようとも、人によってやり方や考え方は違ってくるものだ。 ある程度一定のルールややり方で縛られている業務であれば、アウトプットの差は少なくなるだろうが、同じ業務でも人によってそのスピードや手順が変わっているこ