市場をどう読み、先取りしていくか

マーケティングの手法や考え方は、市場の様々な変化に応じて創造されてきた。


過去に、「多品種少量生産」が叫ばれた時代は、「少品種大量生産」から脱却し、

消費者の多様性が重んじられた。


近年では、インターネットによる購買の普及に伴い、売り上げの少ない商品を多数

集めることで売上をつくる「ロングテール」という手法も定着した。

あるいは、SNSの普及によって、口コミによる販売促進効果の結果、「ステルス

マーケティング」という手法が批判を受けるようにもなった。


変化があり、廃れてしまった考え方もある一方でずっと使えるものもある。

おそらく、「パレートの法則」は今でも当たっているし、「アイドマの法則」や

「プロダクトポートフォリオマネジメント」を使っている人は多いようだ。


ご承知のように、

マーケティングの基本は「必然の先見」、つまり、市場は何を求めているのか、何

が当たるのかを予測するところにある。

しかし、これがなかなか難しい。


何をもって、判断すればよいのか、見通しが立たないことも多い。

過去のデータをもって、予測できる分野がないこともない。パターン化された

消費者の行動もあるにはある。


チャオパニックやミスティックといった多数のブランドを展開するアパレル企業の

パルには、「パルマップ」という次のファッショントレンドを読むための思考があり、

コンサバ⇒セクシー⇒ユニセックス⇒アウトドアー⇒コンサバ・・・と12年周期で

巡るというのだ。

この法則を活用し、複数のブランドを展開することで、どんな流行が来ても、会社

としては売り上げを見通せる状態を保っているという。


このように、