もっとベテランの“現場力”を活かそう!

一年ほど前に、当社の営業担当者の会議後の飲み会で「史上最高齢営業部隊を目指す」とぶち上げたリーダーがいた。

これが、あながち、冗談とも思えない。


当社は、かつて新卒採用をしていた時期もあったが、今は、ビジネス経験者を中途採用し育成しているため、入社時の年齢が比較的高く、平均30才代半ばである。

そのため当社の平均年齢は、特にインストラクターや営業担当者の場合、新卒を採用しているような会社と比べると相当高い。

入社年が浅い社員なら、40代半ばでも「若手」と呼ばれる場合もある。


労働者人口が減る中、多くの企業で、定年延長が当たり前になり、場合によっては定年制度そのものがなくなっていくような世の中だ。


私事ではあるが、義父は82才になるが、いまだに某大手印刷会社の技術職である。

カレンダーのような、高品質な発色が命の印刷では、インクの混ぜ方、印刷スピード等、微妙なさじ加減が必要らしく、その技能を乞われているようだ。


そう考えると、当社でも、70才代で営業活動をしても良いかもしれない。

そのためにも、体力を付けないと・・・と色々考えてしまう。


ダイバーシティマネジメントというと、女性活用か、外国人や障がい者雇用等と考えそうだが、最近は、「高齢者の活用」もその中に入っているし、多くの事例・実績が生まれている。

おそらく、これからの70才代は、今の50才代と遜色のない働き方ができる人が多いに違いない。


とはいえ、知識や技能は時代遅れになり、新しい技術を使いこなせない、という場面もあるだろう。

しかし、多くの場合、業務の流れの本質は、変わることはない。道具ややり方が変わるだけだ。


イレギュラーな事態など、原理原則から学んできた経験値の高いベテラン社員が必要となる場面は多いに違いない。


ある化学品のエンジニアリング会社では、何か異常があると、若手社員はすぐにモニターにかじりつくが、ベテラン社員はすぐに現場に行くそうである。

自ら組み立ててきた仕組みだからこそ、問題の原因が推察でき、対策も打てるのだそうだ。


ベテラン社員のその知恵を生かす体制が、今後も求められるに違いない。


20151028 ジェックメールマガジンより


関連記事

すべて表示

【商談の壁を乗り越える!】住宅メーカーで集合住宅を販売している入社3年目のMさん お客さまの本音がわからない

住宅メーカーで集合住宅を販売している入社3年目のMさん お客さまの本音がわからない 私は、お客さまには比較的よい印象を持っていただき、打ち解けた雰囲気で商談を進めることができています。 また、商談においては、常にお客さまの心を開いていただいてからでないとリサーチ(お客さまの本音

第二の人生に備える

コロナ禍の今は、助走している時間すらないようにも思う。 おそらく、助走していた人も、今はその助走ができなくなっている。 助走するにも、方向の定めようがなくなっている人も多いだろう。 今は、新しいことに助走している人たちを応援することが必要な時代なのではないか。こういう時だから

今だからこそ「心理的安全性」の重視

弊社では、リーダーと部下との関係を相互の信頼関係で測るという理論を持っている。 上下の間の信頼関係ができていれば、お互いに同じ方向を向いて、虚心坦懐に話すこともできる。 組織内の信頼関係づくりが有効であることは間違いないだろう。