離職理由の本質

厚生労働省の調査に「平成25年 若年者雇用実態調査の概況」というものがある。

この調査で離職理由も調べているが、その上位は

・労働時間、休日、休暇の条件がよくなかった 22.2%

・人間関係がよくなかった 19.6%

・仕事が自分に合わない  18.8%、

・賃金の条件がよくなかった 18.0%

というようになっている。


何人かの人事担当者に聞いた限りでは、この順位は「納得がいく」という。


労働条件が離職理由になるのは、入社以前の説明がどうなっていたのか、疑われかねないところだが、「不動産業なので、土日は出勤」とわかっているはずなのに、辞める時の理由が「休日に友人と会えないので」だったり、「飲食業だから、お客様と接点がある」とわかっているはずなのに、「人見知りで対応できません」と言って辞める新人がいるそうだ。


それを「仕事が自分に合わない」、「労働時間、休日、休暇の条件が良くなかった」

と言われても、どうにもならない。

つまり、 企業側が全面的に悪いとは、思えない要素が多い。


しかし、肌感覚でしかないが、以前はもっと人間関係による離職が多かったように思う。

あるいは、表面上は、給与や待遇に理由を求めていても、実態は「人間関係が理由」という離職が多くはなかっただろうか。

実態は、今もそれほど変わっていないのではないか。

人的関係を強化することで、企業に対する理解も深まり、同時に愛着も出てくることを期待したい。


このような中、各社が力を入れているのが、内定者段階での接点強化だ。

単に何かの説明会をするの