離職理由の本質

厚生労働省の調査に「平成25年 若年者雇用実態調査の概況」というものがある。

この調査で離職理由も調べているが、その上位は

・労働時間、休日、休暇の条件がよくなかった 22.2%

・人間関係がよくなかった 19.6%

・仕事が自分に合わない  18.8%、

・賃金の条件がよくなかった 18.0%

というようになっている。


何人かの人事担当者に聞いた限りでは、この順位は「納得がいく」という。


労働条件が離職理由になるのは、入社以前の説明がどうなっていたのか、疑われかねないところだが、「不動産業なので、土日は出勤」とわかっているはずなのに、辞める時の理由が「休日に友人と会えないので」だったり、「飲食業だから、お客様と接点がある」とわかっているはずなのに、「人見知りで対応できません」と言って辞める新人がいるそうだ。


それを「仕事が自分に合わない」、「労働時間、休日、休暇の条件が良くなかった」

と言われても、どうにもならない。

つまり、 企業側が全面的に悪いとは、思えない要素が多い。


しかし、肌感覚でしかないが、以前はもっと人間関係による離職が多かったように思う。

あるいは、表面上は、給与や待遇に理由を求めていても、実態は「人間関係が理由」という離職が多くはなかっただろうか。

実態は、今もそれほど変わっていないのではないか。

人的関係を強化することで、企業に対する理解も深まり、同時に愛着も出てくることを期待したい。


このような中、各社が力を入れているのが、内定者段階での接点強化だ。

単に何かの説明会をするのではなく、相互コミュニケーションを意識したもの、企業の内実をきちんと理解させるものが有効となるようだ。

実際に内定者段階の研修を実施してみると、驚くような「企業側と内定者側の意識や認識の隔たり」を発見することがある。


詳細は差し控えるが、本年の内定者研修では、「自分は正しい、周りが間違っている」という強い固定観念や、「仕事は全面的に教えてくれるもの」という依存意識を持つ内定者が3割程度の割合で存在していた。


彼ら・彼女らが、

そのまま入社しても、どこかで折れることは間違いない。

早い段階で、手を打っていくことが重要である。


20151209 ジェックメールマガジンより

関連記事

すべて表示

【商談の壁を乗り越える!】住宅メーカーで集合住宅を販売している入社3年目のMさん お客さまの本音がわからない

住宅メーカーで集合住宅を販売している入社3年目のMさん お客さまの本音がわからない 私は、お客さまには比較的よい印象を持っていただき、打ち解けた雰囲気で商談を進めることができています。 また、商談においては、常にお客さまの心を開いていただいてからでないとリサーチ(お客さまの本音

第二の人生に備える

コロナ禍の今は、助走している時間すらないようにも思う。 おそらく、助走していた人も、今はその助走ができなくなっている。 助走するにも、方向の定めようがなくなっている人も多いだろう。 今は、新しいことに助走している人たちを応援することが必要な時代なのではないか。こういう時だから

今だからこそ「心理的安全性」の重視

弊社では、リーダーと部下との関係を相互の信頼関係で測るという理論を持っている。 上下の間の信頼関係ができていれば、お互いに同じ方向を向いて、虚心坦懐に話すこともできる。 組織内の信頼関係づくりが有効であることは間違いないだろう。