コンセンサスによる経営の功罪

ワンマン企業では、経営者の独断専行による大胆な決定が功を奏し、スピード感あふれる革新的な経営ができる一方、従業員に依存体質を植え付けたり、間違いを指摘できない風土ができやすいなど、マイナスの面がある。


一方で、合議制に基づく経営では、当然コンセンサス(意見の一致〉が大切にされるため、スピード感はなく、せっかくの機会を逃しやすいマイナス面もある。

一般的に大手企業ではコンセンサスによる経営が重視される傾向にある。


コンセンサスによる経営のメリットを示す事例がある。


外資系の経営コンサルタント会社が、ある大手企業の機構改革のために、プロジェクトチームを編成しようと、そこの幹部社員へ参加を求めたところ、数十人もの参加があったそうだ。


その大手企業では、そのために意見がなかなかまとまらず、最終決定するまで予想以上の時聞がかかったが、いざ実行となると極めてスムーズに展開し、新組織が機能し、定着したという。


まさに、この点がコンセンサス経営の良さであろう。


しかし、変化の激しい時代、コンセンサスを第ーにすると、平凡な戦略になったり、ライバルに先を越されたりと、経営のデメリットも少なからずある。


「独断専行を奨励する」わけではないが、「コンセンサスによる経営の功罪」も考える必要がある。


普段は全員参画のコンセンサス経営を推し進めていても、ここぞという時には、トップは、独断専行で信念をもって新しいことに挑戦する姿を見せる。

小さなことでも良いので、新しい動きを作り、成果を上げるまで、トップ自らが責任を持って進める。


その姿が、従業員に伝わるのではないだろうか。


20160425 ジェックメールマガジンより

最新記事

すべて表示

弱さこそ強さ

斎藤清作というボクサーがいたことを知っている人はいるだろうか。 1964年に日本フライ級チャンピオンになった人物だ。 そのファイティングスタイルは、ひたすら相手に打たせ続け、 相手が疲れてきた後半に反撃する、というものだ。 打たれても打たれても、ひたすら前に出る。 瞼が切れ、鼻

想像力を働かせることの重要性

もう四半世紀以上前になるが、一緒に働いていた後輩に、 「相手の状況を理解できない」タイプの人物がいた。 後輩「経験してないですし、そんな他人のやっていることはわからないです」 筆者「じゃ、経験したことならわかるのか?」 後輩「バイトとかして、働いた仕事ならわかります」 筆者「想

ニーズの「束」と「核」を再点検

昨年、自宅用のPCを買おうとして、色々情報を得たが、 かなり逡巡する結果となった。 価格や付帯ソフト、CPU、メモリー等基本スペック、 さらには大きさ、色、拡張のし易さ、アフターサービス等、 PCを買おうとするだけで、かなり多くの条件を考え、悩んだ。 伊丹敬之が『経営戦略の論理

創業 1964年6月

本社:東京都豊島区東池袋3丁目1-1 サンシャイン60ビル20階|日本

TEL 03-3986-6365 

大阪 名古屋 

嘉顧企業管理諮詢(上海)有限公司

JECC VIETNAM COMPANY LIMITED