今こそ「真の業績尊重の精神」を考える機会である

業績を広辞苑で引くと、「事業・学術研究などの上でなしとげた仕事。また、そのできばえ。」と書いてある。

いうまでもなく、業績を上げ続けることが企業の目的であり、存続のための条件である。


しかし、この「業績を尊重する精神」が時に企業を狂わせることがある。

損失の先送り等の粉飾決算や商品の欠陥隠し、コンプライアンス違反等である。


特にコンプライアンス違反は、社会的制裁が大きいにもかかわらず、今年に入ってからも旅行会社のバス事業者に対する過度な値引き要請や、建設企業による談合等、しばしばメディアで報道されている。

先般の、軽自動車の燃費不正問題もしかりである。


おそらく現場では、「これくらいなら大丈夫」とたかをくくって、見せかけの利益を優先したに違いない。

もしくは、トップからの強い要求に屈して、偽装した事例もあろう。

または、その仕事に対する真摯な姿勢、想い、十分な訓練もないまま「儲かるだろう」とその業種に進出した会社もあったろう。

しかし、それらは「偽りの業績尊重の精神」でしかない。


では、「真の業績尊重の精神」とは何か?


昨今、極めて数多くの企業が高邁な理念と魅力あるビジョンを打ち出している。

それにもかかわらず前述のように、「理念・ビジョン」と「業績」は相反するものとばかりに、業績を優先し、「やればとにかく儲かるだろう」「消費者はこれくらいなら、分からないだろう」「上が言っているんだから、無理でも通そう」等、理念なき業績追求が横行している例もあるようだ。


これらのような、誤った業績追求ではなく、「理念に裏打ちされ、意味付けられた業績」を出そうとすることが、「真の業績尊重の精神」であろう。


即ち、経営関係者(顧客・社員・株主・取引先)と非経営関係者(社会・地球環境・文化等々)に貢献し、「経営理念を実践し、ビジョンを実現させるための手段として重要な資源である」との位置づけがなされている業績を出すことである。


20160525 ジェックメールマガジンより


最新記事

すべて表示

弱さこそ強さ

斎藤清作というボクサーがいたことを知っている人はいるだろうか。 1964年に日本フライ級チャンピオンになった人物だ。 そのファイティングスタイルは、ひたすら相手に打たせ続け、 相手が疲れてきた後半に反撃する、というものだ。 打たれても打たれても、ひたすら前に出る。 瞼が切れ、鼻

想像力を働かせることの重要性

もう四半世紀以上前になるが、一緒に働いていた後輩に、 「相手の状況を理解できない」タイプの人物がいた。 後輩「経験してないですし、そんな他人のやっていることはわからないです」 筆者「じゃ、経験したことならわかるのか?」 後輩「バイトとかして、働いた仕事ならわかります」 筆者「想

ニーズの「束」と「核」を再点検

昨年、自宅用のPCを買おうとして、色々情報を得たが、 かなり逡巡する結果となった。 価格や付帯ソフト、CPU、メモリー等基本スペック、 さらには大きさ、色、拡張のし易さ、アフターサービス等、 PCを買おうとするだけで、かなり多くの条件を考え、悩んだ。 伊丹敬之が『経営戦略の論理

創業 1964年6月

本社:東京都豊島区東池袋3丁目1-1 サンシャイン60ビル20階|日本

TEL 03-3986-6365 

大阪 名古屋 

嘉顧企業管理諮詢(上海)有限公司

JECC VIETNAM COMPANY LIMITED