“愛の理論”では各種制度が機能しなくなる?!

最終更新: 2018年7月24日

I理論(Y理論を甘く解釈し、「人は愛情をもって接し、全面的に信頼してかかれば、必ずそれに応えようとするものだ」)の蔓延には、もう一つ背景がある。


それは、誤ったワークライフバランスの認識だ。


育児休業や再雇用制度、家族参観日や誕生日休暇、在宅勤務制度や時間差出勤、キャリア開発援助等、個々人のライフスタイルに合わせて働ける環境をつくり、周囲の意識を高めていくのはいいことだ。


ただ、それが行き過ぎて、成果が出なくても良しとしてしまったり、労働条件が人によってまったく変わってしまうことで、他の従業員のモチベーションを下げているのなら、それは考えものだ。


仕事で成果を出して、私生活も充実させる。それが本来のワークライフバランスのはずである。


しかし、I理論の下では、個々人に管理を任せてしまうため、そのバランスが崩れ、多くの場合には、「ライフ」の側に力が偏ってしまう。

結果として、「頑張っているようなら、それでいい。成果は求めない」ということが起こりやすい。


逆に「ワーク」の方に力がかかってしまう場合もある。

その場合も、「本人は自分で管理をして頑張って、成果を出そうとしているのだから、それでいい」と、働き過ぎやメンタル面の不調を見逃してしまうことになりかねない。


本当に、従業員の能力を引き出そうと考えるならば、時間の使い方や働き方を検討し、無駄を省き、日々の業務の中で積極的に取り組める課題を設定しなければならない。

そこに、放任的な管理はあり得ず、仕事の成果は強く求められることになる。


ワークライフバランスを充実させようとするならば、改めてY理論の重要性をかみしめ、実践することが必要ではないだろうか。


20140604 ジェックメールマガジンより

最新記事

すべて表示

弱さこそ強さ

斎藤清作というボクサーがいたことを知っている人はいるだろうか。 1964年に日本フライ級チャンピオンになった人物だ。 そのファイティングスタイルは、ひたすら相手に打たせ続け、 相手が疲れてきた後半に反撃する、というものだ。 打たれても打たれても、ひたすら前に出る。 瞼が切れ、鼻

想像力を働かせることの重要性

もう四半世紀以上前になるが、一緒に働いていた後輩に、 「相手の状況を理解できない」タイプの人物がいた。 後輩「経験してないですし、そんな他人のやっていることはわからないです」 筆者「じゃ、経験したことならわかるのか?」 後輩「バイトとかして、働いた仕事ならわかります」 筆者「想

ニーズの「束」と「核」を再点検

昨年、自宅用のPCを買おうとして、色々情報を得たが、 かなり逡巡する結果となった。 価格や付帯ソフト、CPU、メモリー等基本スペック、 さらには大きさ、色、拡張のし易さ、アフターサービス等、 PCを買おうとするだけで、かなり多くの条件を考え、悩んだ。 伊丹敬之が『経営戦略の論理

創業 1964年6月

本社:東京都豊島区東池袋3丁目1-1 サンシャイン60ビル20階|日本

TEL 03-3986-6365 

大阪 名古屋 

嘉顧企業管理諮詢(上海)有限公司

JECC VIETNAM COMPANY LIMITED