市場戦略を成功させるには企業文化が大きく左右する!

最終更新: 2018年7月24日

市場環境の変化に合わせ、新しい市場戦略を打ち出さなければ、企業は存続できない。

ところが、当たると信じて打った手が、思いの外うまくいかないケースも少なくないのが

現実である。


失敗する場合の問題点は大きく2つ考えられる。

ひとつは経営判断の誤りである。


吉野家ホールディングスの安部会長は、吉野家の社長を退任するにあたり答えたインタビューで「つくづく経営者の育成には手間がかかると感じた。一人を育てようとすると、10億~30億円は必要になるだろう」と話していた(日経MJ5/26)。


その金額は、事業の成功だけではなく、多くの失敗をも経験させ、判断力を磨くための「投資」である。しっかりとした経営判断ができるようになるまでには時間も経験も必要ということだ。

未熟な経営者はその判断を誤る。


しかし、経営判断を誤るのは、経営者が未熟であるのみではなく、経営者の判断を誤らせる偏った下からの情報にあることも多い。

これは、トップに都合のよい情報しか伝えないような、イエスマンの企業文化を持った企業に多く見受けられる。

そこでは、トップが「耳の痛い話を持ってこい」「大いに意見を出せ」と叫んでみても、なかなか実践されることはない。


もう一つの問題点は、たとえ適切な状況判断に立った戦略でも、迅速・的確な実践者群がいない場合には失敗に帰してしまうことである。

良い市場戦略が必ずしも当たらないケースである。


なぜそのようなことになるのか?


そこには、企業文化と戦略の絡みがある。


例えば、薄利多売をモットーにしてきた企業が、突然利幅の大きい高級品を販売するような戦略を持ち込むと、社員たちは右往左往したり、反発をしたりする。

時には、せっかくの付加価値の高い品質の良い商品を原価程度で売ってしまうようなことにもなる。


このように、いったん定着した集団の価値観や行動パターンと異なったことをしようとすると、集団全体の対応は極めて緩慢であったり、拒絶したりするものである。


20140618 ジェックメールマガジンより

関連記事

すべて表示

第二の人生に備える

コロナ禍の今は、助走している時間すらないようにも思う。 おそらく、助走していた人も、今はその助走ができなくなっている。 助走するにも、方向の定めようがなくなっている人も多いだろう。 今は、新しいことに助走している人たちを応援することが必要な時代なのではないか。こういう時だから

今だからこそ「心理的安全性」の重視

弊社では、リーダーと部下との関係を相互の信頼関係で測るという理論を持っている。 上下の間の信頼関係ができていれば、お互いに同じ方向を向いて、虚心坦懐に話すこともできる。 組織内の信頼関係づくりが有効であることは間違いないだろう。

ばらつきを生かす

工業製品以上に、人間のやることは、もっとばらつきが大きい。 いくら標準化しようとも、人によってやり方や考え方は違ってくるものだ。 ある程度一定のルールややり方で縛られている業務であれば、アウトプットの差は少なくなるだろうが、同じ業務でも人によってそのスピードや手順が変わっているこ