社員に無理難題を持ち掛けよう!

予測不可能なほど激しく変化する市場環境の中、顧客の要求水準は高くなる一方で、どの企業も対応に必死です。


例えば、「コストの引き下げ」と「納期短縮」を実現しながら「品質向上」も同時に果たさなければならないというのは当たり前のことになっています。


また、なかなか人材が確保できない状況の中でも、「サービスの質の向上」と「販売力の強化」も同時に実現しなければならないのが常です。


常識的に考えれば、無理難題だと受け止められるような課題を社員に克服させてきている企業が従来から伸びています。


それには、次のような策が重要になってきます。


1.その課題に取り組む背景や重要性をよく説明して、使命感、責任意識を抱かせる。

2.失敗を恐れて萎縮しないよう、トップも難しいことを理解してくれているという心理的安心感を与える。

3.命じられた人間が仕事を進めやすいよう、関連部署への根回し等の環境づくりに配慮する。

4.課題の進行状況に常に関心を持ち、時として叱咤激励し、意欲の向上を図る。

5.失敗しても部下の威信に傷がつかないよう配慮し、公平な評価を行う。


いずれにせよ、現状維持的な方向に流されやすい社員の意識を打破し、無理難題に進んで挑戦する組織文化をどう確立するかが勝利者への鍵となるのです。


弊社が開発した「組織文化診断」を実施したある小売業のお客様は、同業と比較した結果、圧倒的に“挑戦の価値観”が高いことが分かりました。


そのお客様は、他社が売り上げを落としている中、ここ数年、15%を越える売上向上を成し遂げています。


卵が先か、鶏が先かという議論はありますが、挑戦への高い価値観を持たせておくに越したことはないのは事実でしょう。


20140730 ジェックメールマガジンより

最新記事

すべて表示

弱さこそ強さ

斎藤清作というボクサーがいたことを知っている人はいるだろうか。 1964年に日本フライ級チャンピオンになった人物だ。 そのファイティングスタイルは、ひたすら相手に打たせ続け、 相手が疲れてきた後半に反撃する、というものだ。 打たれても打たれても、ひたすら前に出る。 瞼が切れ、鼻

想像力を働かせることの重要性

もう四半世紀以上前になるが、一緒に働いていた後輩に、 「相手の状況を理解できない」タイプの人物がいた。 後輩「経験してないですし、そんな他人のやっていることはわからないです」 筆者「じゃ、経験したことならわかるのか?」 後輩「バイトとかして、働いた仕事ならわかります」 筆者「想

ニーズの「束」と「核」を再点検

昨年、自宅用のPCを買おうとして、色々情報を得たが、 かなり逡巡する結果となった。 価格や付帯ソフト、CPU、メモリー等基本スペック、 さらには大きさ、色、拡張のし易さ、アフターサービス等、 PCを買おうとするだけで、かなり多くの条件を考え、悩んだ。 伊丹敬之が『経営戦略の論理

創業 1964年6月

本社:東京都豊島区東池袋3丁目1-1 サンシャイン60ビル20階|日本

TEL 03-3986-6365 

大阪 名古屋 

嘉顧企業管理諮詢(上海)有限公司

JECC VIETNAM COMPANY LIMITED