「良い顔のリーダー」10のチェック項目

「人材こそ、企業の財産だ」ということは、誰しもわかっている。

だからこそ、勝ち続けるチームをつくれるリーダーを育てる必要がある。


勝ち続けるチームを率いているリーダーをよく観察すると「10の良い顔」をもっている。


1.決める人

 「部下と相談はするが、決めるのは私」という意識で、いつも事にのぞむ。


2.計画を示す人

 計画は関係者の意見を集めて作ることが望ましい。しかし、リーダーとしての計画を示さなければならない時期と事柄があることを知っていなければならない。部下から出てきた数字の足し算ではだめだ。


3.答えを出す人

 仕事に関連した質問を部下から受けたら、「それは自分で考えろ」というのは悪くはない。しかし、その場合でもリーダーはその答えを持っていなければならない。もし、答えがわからなかったら、自分の上役に相談してでも答えを用意しておく責任がある。


4.部下の考えを引き出す人

 「聞き上手、尋ね上手」は「やらせ上手、育て上手」だ。いつも部下の考えを引き出そうとする意識が大切だ。


5.やり切らせる人

 部下の努力を業績に結び付けると、チームのエンジンがかかる。

 そのためには決めたこと、約束した事は「何がなんでもやりきらせる」という意識が大切となる。


6.仲裁する人

 部下同士のもめごとは、リーダーが収めなければならない。“