転んでもただでは起きない「業績魂」の意識を育てよう!

環境変化が激しい今日、好むと好まざるとにかかわらず事は起こる。

起こった事を「問題」ととらえて、その原因を探り、この手の問題が二度と起こらない方向に組織のエネルギーを集中させていくということも、時には必要なことかもしれない。


しかし「問題」をいくら解決してもそこから直接利益は生まれない。あらゆる問題を業績に結び付ける機会に出来ないかという発想が必要なのだ。



ある日、千利休のもとに秀吉が訪ねてくることになった。

用意万端、整え終わって、やがて秀吉が到着する時刻が迫ったとき、小坊主が青くなってすっ飛んできた。花生けを落として口の辺りをこわしてしまったためだ。別のものを用意する時間がない。


利休はその花生けをしばらく眺めていたが、やがて手に取り、縁側に出てそのふちをさらに叩いた。花生けの口は小僧が欠いた以上に大きく斜めに裂けた。そこに利休は静かに花を生けた。

ぱくっと斜めに口を開いた花生けに投げ入れられた野の花。


完璧の美は消えたが秀吉が嘆賞した。破格の美を創造したのだ。



ピンチをチャンスにするために、転んでもただでは起きない執念を日頃から組織の中に植え付けておきたい。

そのためには、あらゆる問題を業績に結び付ける機会にできないか、組織の焦点を合わせるべきである。


20140917 ジェックメールマガジンより

関連記事

すべて表示

【商談の壁を乗り越える!】住宅メーカーで集合住宅を販売している入社3年目のMさん お客さまの本音がわからない

住宅メーカーで集合住宅を販売している入社3年目のMさん お客さまの本音がわからない 私は、お客さまには比較的よい印象を持っていただき、打ち解けた雰囲気で商談を進めることができています。 また、商談においては、常にお客さまの心を開いていただいてからでないとリサーチ(お客さまの本音

第二の人生に備える

コロナ禍の今は、助走している時間すらないようにも思う。 おそらく、助走していた人も、今はその助走ができなくなっている。 助走するにも、方向の定めようがなくなっている人も多いだろう。 今は、新しいことに助走している人たちを応援することが必要な時代なのではないか。こういう時だから

今だからこそ「心理的安全性」の重視

弊社では、リーダーと部下との関係を相互の信頼関係で測るという理論を持っている。 上下の間の信頼関係ができていれば、お互いに同じ方向を向いて、虚心坦懐に話すこともできる。 組織内の信頼関係づくりが有効であることは間違いないだろう。