革新に向けた第一歩は「意識づけ」から

最終更新: 2018年7月30日

環境変化のテンポは、この数十年、ますます速く、複雑になってきている。

そのため、社内に新しいことを起こさなければならないことが多い。

戦略をたて、仕組みをつくり、人を動かして成果に結びつける。

だが、この過程がどうもうまくいかない。


せっかく考え出した新サービスの立ちあがりが思わしくない。

打ち出した方針が浸透・徹底しない。

市場に合わせてこうでなければ、と考えに考えて変更した組織が思うように機能しない。

全体が今までの流れに戻りたがって、グズグズする。

それを見て経営者はイライラする。


なぜ、こうなるのか?

人間はわからないこと、意味のないことはやりたがらず、慣れ親しんだことにこだわるものだからだ。


こうせよ、ああせよと言うだけでなく、自分に今、これが必要なのだと思わせる課題を設定し、やり切る力をつけさせ、新しいことにチャレンジする自信をもたせることが重要だ。


ある中学校では、学年全員3,000m登山に成功した。

頂上を極めた者しか知りえない荘厳な感動を、どんなに「素晴らしいから登ろう」と言ってみたところで、行動を起こす者はほとんどいない。


「登山をする。皆で頂上を極めたい。体力が必要だ。一人の脱落者も出したくない。毎日運動場を走ろう。初日は1周、次の日は2周。山登りに出発する日までには全員が20周走れるようにしよう!」と、できることから始めて、肥満の子も、障害をもつ子も全員に「山に登るんだ」という意識を植えつけ、落後したくないという思いで頂上を極め、全員で「感動」をものにしたのだ。


組織に新しいことを起こすとき、「まずチャレンジしよう」、「是非とも成功したい」という意識を植えつけ、メンバー自ら積極的に行動する情況をつくり出すことが、成功の決め手となる。


20141001 ジェックメールマガジンより


最新記事

すべて表示

弱さこそ強さ

斎藤清作というボクサーがいたことを知っている人はいるだろうか。 1964年に日本フライ級チャンピオンになった人物だ。 そのファイティングスタイルは、ひたすら相手に打たせ続け、 相手が疲れてきた後半に反撃する、というものだ。 打たれても打たれても、ひたすら前に出る。 瞼が切れ、鼻

想像力を働かせることの重要性

もう四半世紀以上前になるが、一緒に働いていた後輩に、 「相手の状況を理解できない」タイプの人物がいた。 後輩「経験してないですし、そんな他人のやっていることはわからないです」 筆者「じゃ、経験したことならわかるのか?」 後輩「バイトとかして、働いた仕事ならわかります」 筆者「想

ニーズの「束」と「核」を再点検

昨年、自宅用のPCを買おうとして、色々情報を得たが、 かなり逡巡する結果となった。 価格や付帯ソフト、CPU、メモリー等基本スペック、 さらには大きさ、色、拡張のし易さ、アフターサービス等、 PCを買おうとするだけで、かなり多くの条件を考え、悩んだ。 伊丹敬之が『経営戦略の論理

創業 1964年6月

本社:東京都豊島区東池袋3丁目1-1 サンシャイン60ビル20階|日本

TEL 03-3986-6365 

大阪 名古屋 

嘉顧企業管理諮詢(上海)有限公司

JECC VIETNAM COMPANY LIMITED