念い(おもい)がないと人は動かせない

念い(おもい)がこもると聴き手の心を打つものである。


弊社では、インストラクターをすべて自社で育成しているのだが、育成の過程で、「すべての人が、それぞれ強みと弱みを持っている」ことがよくわかる。


語りが得意で情景描写はうまいが、細部に入りすぎて伝えたい本質がよく分からなくなる人。話の本質は明瞭だが、素っ気なく心に届く話にならない人など。それが個性ではあろう。


そして、訓練を続けていくと、ある時を境にして、伝えたい本質が聴き手の心に響いてくるようになる。


その段階に至るまでには、さまざまな試行錯誤を繰り返す。

「自分が仕事や生活のなかで、確かにこれが分かっていないために、大変苦労をした。遠まわりをした」と悟ったとき、初めてその話に念い(おもい)がこもる。



また、ある管理者が、

「会社方針が出されて、これだけは今期何としてもやり切らねば!というものがみえて、そのための体制、戦略がはっきり自分の中で描けたとき、不思議と部下も関連部署も皆いきいきと動きはじめる。『考えていないこと』は何ひとつ具体化されないのですね」と語っていた。


経営も同じで、念うことだけが具象化するのだから、どれだけ強く、どれだけ大きく念うかが出発点となる。


しかし、社長一人の念いで具体的な動きを産み出すことは難しい。

社員一人一人に、「念う」ことが、どれだけ社員の幸福への希望にそえるのか、顧客に役立つのかをあわせて分からせることも必要となる。


その上で、問題と直面して、しっかりと対応していく。

自分の決定を信頼し、多くの協力を引き出すために、将来、当然こうなると思われるものを見通す「必然の先見」という指標を手離さないこともあわせて大切なことである。


20150210 ジェックメールマガジンより



最新記事

すべて表示

弱さこそ強さ

斎藤清作というボクサーがいたことを知っている人はいるだろうか。 1964年に日本フライ級チャンピオンになった人物だ。 そのファイティングスタイルは、ひたすら相手に打たせ続け、 相手が疲れてきた後半に反撃する、というものだ。 打たれても打たれても、ひたすら前に出る。 瞼が切れ、鼻

想像力を働かせることの重要性

もう四半世紀以上前になるが、一緒に働いていた後輩に、 「相手の状況を理解できない」タイプの人物がいた。 後輩「経験してないですし、そんな他人のやっていることはわからないです」 筆者「じゃ、経験したことならわかるのか?」 後輩「バイトとかして、働いた仕事ならわかります」 筆者「想

ニーズの「束」と「核」を再点検

昨年、自宅用のPCを買おうとして、色々情報を得たが、 かなり逡巡する結果となった。 価格や付帯ソフト、CPU、メモリー等基本スペック、 さらには大きさ、色、拡張のし易さ、アフターサービス等、 PCを買おうとするだけで、かなり多くの条件を考え、悩んだ。 伊丹敬之が『経営戦略の論理

創業 1964年6月

本社:東京都豊島区東池袋3丁目1-1 サンシャイン60ビル20階|日本

TEL 03-3986-6365 

大阪 名古屋 

嘉顧企業管理諮詢(上海)有限公司

JECC VIETNAM COMPANY LIMITED