勝ち続けるチームづくりは好環境のうちに


部の企業では、今春、ベアを実施したり、アベノミクスによる好景気の芽が少しずつではあるが、出てきているようだ。

徐々にこの波が、地方や中小企業に伝わることを期待したいところである。


経営者としては、好調な環境に向かうときにこそ、将来に対してきちんと手を打っておきたい。良い企業体質は悪環境の中では簡単には醸成できないからだ。


では、良い企業体質とは何か。

強いチーム、勝ち続けるチームを分析すると、次のようなことが言えよう。


1.他社と差別化された技術・商品・サービスを持ち、それを認識している。そのために も、何が自社の特徴なのか、トップには、明確な戦略を打ち出すことが求められる。


2.従業員が自分の頭で考え行動できる。これには、日ごろからの権限委譲や失敗を歓迎するムードも重要である。


3.多様で臨機応変な対応力を備えている。社員の様々な能力、価値観の違いを尊重して受け入れ、活用する、ダイバーシティマネジメントの実践により、対応力を確保できるようになる。


4.精神的にタフで、逆境に強い。

メンタルタフネスを確保するには、細かなマネジメント、気配りができているかどうかがポイントになる。


5.強い目的意識を持っていて、結束力がある。方針、理念を手を変え、品を変えわかりやすく伝えるのはトップの仕事である。


6.チームづくりの骨格が明確で、次世代を育てるシステムを備えている。新人が育つだけではなく、次世代の管理者を育てられる仕組みが重要となる。


7.多様な価値観を享受し、活用できている。トップは耳の痛いこと、自分に意見する存在を大切にしたい。


20150422 ジェックメールマガジンより


最新記事

すべて表示

弱さこそ強さ

斎藤清作というボクサーがいたことを知っている人はいるだろうか。 1964年に日本フライ級チャンピオンになった人物だ。 そのファイティングスタイルは、ひたすら相手に打たせ続け、 相手が疲れてきた後半に反撃する、というものだ。 打たれても打たれても、ひたすら前に出る。 瞼が切れ、鼻

想像力を働かせることの重要性

もう四半世紀以上前になるが、一緒に働いていた後輩に、 「相手の状況を理解できない」タイプの人物がいた。 後輩「経験してないですし、そんな他人のやっていることはわからないです」 筆者「じゃ、経験したことならわかるのか?」 後輩「バイトとかして、働いた仕事ならわかります」 筆者「想

ニーズの「束」と「核」を再点検

昨年、自宅用のPCを買おうとして、色々情報を得たが、 かなり逡巡する結果となった。 価格や付帯ソフト、CPU、メモリー等基本スペック、 さらには大きさ、色、拡張のし易さ、アフターサービス等、 PCを買おうとするだけで、かなり多くの条件を考え、悩んだ。 伊丹敬之が『経営戦略の論理

創業 1964年6月

本社:東京都豊島区東池袋3丁目1-1 サンシャイン60ビル20階|日本

TEL 03-3986-6365 

大阪 名古屋 

嘉顧企業管理諮詢(上海)有限公司

JECC VIETNAM COMPANY LIMITED