勝ち続けるチームづくりは好環境のうちに


部の企業では、今春、ベアを実施したり、アベノミクスによる好景気の芽が少しずつではあるが、出てきているようだ。

徐々にこの波が、地方や中小企業に伝わることを期待したいところである。


経営者としては、好調な環境に向かうときにこそ、将来に対してきちんと手を打っておきたい。良い企業体質は悪環境の中では簡単には醸成できないからだ。


では、良い企業体質とは何か。

強いチーム、勝ち続けるチームを分析すると、次のようなことが言えよう。


1.他社と差別化された技術・商品・サービスを持ち、それを認識している。そのために も、何が自社の特徴なのか、トップには、明確な戦略を打ち出すことが求められる。


2.従業員が自分の頭で考え行動できる。これには、日ごろからの権限委譲や失敗を歓迎するムードも重要である。


3.多様で臨機応変な対応力を備えている。社員の様々な能力、価値観の違いを尊重して受け入れ、活用する、ダイバーシティマネジメントの実践により、対応力を確保できるようになる。


4.精神的にタフで、逆境に強い。

メンタルタフネスを確保するには、細かなマネジメント、気配りができているかどうかがポイントになる。


5.強い目的意識を持っていて、結束力がある。方針、理念を手を変え、品を変えわかりやすく伝えるのはトップの仕事である。


6.チームづくりの骨格が明確で、次世代を育てるシステムを備えている。新人が育つだけではなく、次世代の管理者を育てられる仕組みが重要となる。


7.多様な価値観を享受し、活用できている。トップは耳の痛いこと、自分に意見する存在を大切にしたい。


20150422 ジェックメールマガジンより


関連記事

すべて表示

第二の人生に備える

コロナ禍の今は、助走している時間すらないようにも思う。 おそらく、助走していた人も、今はその助走ができなくなっている。 助走するにも、方向の定めようがなくなっている人も多いだろう。 今は、新しいことに助走している人たちを応援することが必要な時代なのではないか。こういう時だから

今だからこそ「心理的安全性」の重視

弊社では、リーダーと部下との関係を相互の信頼関係で測るという理論を持っている。 上下の間の信頼関係ができていれば、お互いに同じ方向を向いて、虚心坦懐に話すこともできる。 組織内の信頼関係づくりが有効であることは間違いないだろう。

ばらつきを生かす

工業製品以上に、人間のやることは、もっとばらつきが大きい。 いくら標準化しようとも、人によってやり方や考え方は違ってくるものだ。 ある程度一定のルールややり方で縛られている業務であれば、アウトプットの差は少なくなるだろうが、同じ業務でも人によってそのスピードや手順が変わっているこ