勝ち続けるチームづくりは好環境のうちに(後編)



今回は、そのためにどのようなマネジメントをすればよいのか、その指針をまとめてみると次のようになる。


1.これで良い、もう十分という驕りを排す。

  最近の新人は「合格点主義」、そこそこで満足する傾向が強いそうだ。そうではなく、日頃から何をするにしても、全力で取り組ませる、取り組んでいる姿勢を見せることが重要だ。


2.失敗を怖れない気風を持つ。

  失敗に対して、社長賞を出す企業もある。少なくとも、失敗をした人を責めるのではなく、原因は人以外に求めたほうが良い。


3.機械的、習慣的な仕事のやり方を廃す。

  慣習に溺れていると、必ず仕事量は増えていく。営利企業でも「パーキンソンの法則」は適用されることを肝に銘じたい。


4.今、要請されていることは何かを、組織と個人の両方で明確にしておく。

  方針を唱えるのは簡単だ。それを個人の行動様式にまで落とすことが重要。

  つまり、方針を現場の言葉に変えるのである。


5.多様な能力の開発をはかる課題を設定し、困難な仕事、高い日標を与え、絶えず成長を促す。

  部下の「できなかったこと」を見るのではなく、「何ができるようになった」のかを見つけ、指摘すること。それが成長の連続を起こすトリガーになる。

  「できる」「できる」の繰り返しである。


6.目標の達成は100%と99%とでは、天と地の差であることを組織の精神として浸透させておく。

  マネジメントとは先見である。1%の不足を先見し、戦略を立てておかねばならない。もちろん、それに即応する社員の能力も上げておく必要がある。


自社、自部門に対して、変化を歓迎し、変わっていくことを受け入れる思考を持たせることができれば、勝つための一つの条件を手に入れたことになる。


あとは正しく戦略を構築すれば、常勝集団となることは間違いない。


20150513 ジェックメールマガジンより



最新記事

すべて表示

弱さこそ強さ

斎藤清作というボクサーがいたことを知っている人はいるだろうか。 1964年に日本フライ級チャンピオンになった人物だ。 そのファイティングスタイルは、ひたすら相手に打たせ続け、 相手が疲れてきた後半に反撃する、というものだ。 打たれても打たれても、ひたすら前に出る。 瞼が切れ、鼻

想像力を働かせることの重要性

もう四半世紀以上前になるが、一緒に働いていた後輩に、 「相手の状況を理解できない」タイプの人物がいた。 後輩「経験してないですし、そんな他人のやっていることはわからないです」 筆者「じゃ、経験したことならわかるのか?」 後輩「バイトとかして、働いた仕事ならわかります」 筆者「想

ニーズの「束」と「核」を再点検

昨年、自宅用のPCを買おうとして、色々情報を得たが、 かなり逡巡する結果となった。 価格や付帯ソフト、CPU、メモリー等基本スペック、 さらには大きさ、色、拡張のし易さ、アフターサービス等、 PCを買おうとするだけで、かなり多くの条件を考え、悩んだ。 伊丹敬之が『経営戦略の論理

創業 1964年6月

本社:東京都豊島区東池袋3丁目1-1 サンシャイン60ビル20階|日本

TEL 03-3986-6365 

大阪 名古屋 

嘉顧企業管理諮詢(上海)有限公司

JECC VIETNAM COMPANY LIMITED