勝ち続けるチームづくりは好環境のうちに(後編)



今回は、そのためにどのようなマネジメントをすればよいのか、その指針をまとめてみると次のようになる。


1.これで良い、もう十分という驕りを排す。

  最近の新人は「合格点主義」、そこそこで満足する傾向が強いそうだ。そうではなく、日頃から何をするにしても、全力で取り組ませる、取り組んでいる姿勢を見せることが重要だ。


2.失敗を怖れない気風を持つ。

  失敗に対して、社長賞を出す企業もある。少なくとも、失敗をした人を責めるのではなく、原因は人以外に求めたほうが良い。


3.機械的、習慣的な仕事のやり方を廃す。

  慣習に溺れていると、必ず仕事量は増えていく。営利企業でも「パーキンソンの法則」は適用されることを肝に銘じたい。


4.今、要請されていることは何かを、組織と個人の両方で明確にしておく。

  方針を唱えるのは簡単だ。それを個人の行動様式にまで落とすことが重要。

  つまり、方針を現場の言葉に変えるのである。


5.多様な能力の開発をはかる課題を設定し、困難な仕事、高い日標を与え、絶えず成長を促す。

  部下の「できなかったこと」を見るのではなく、「何ができるようになった」のかを見つけ、指摘すること。それが成長の連続を起こすトリガーになる。

  「できる」「できる」の繰り返しである。


6.目標の達成は100%と99%とでは、天と地の差であることを組織の精神として浸透させておく。

  マネジメントとは先見である。1%の不足を先見し、戦略を立てておかねばならない。もちろん、それに即応する社員の能力も上げておく必要がある。


自社、自部門に対して、変化を歓迎し、変わっていくことを受け入れる思考を持たせることができれば、勝つための一つの条件を手に入れたことになる。


あとは正しく戦略を構築すれば、常勝集団となることは間違いない。


20150513 ジェックメールマガジンより



関連記事

すべて表示

第二の人生に備える

コロナ禍の今は、助走している時間すらないようにも思う。 おそらく、助走していた人も、今はその助走ができなくなっている。 助走するにも、方向の定めようがなくなっている人も多いだろう。 今は、新しいことに助走している人たちを応援することが必要な時代なのではないか。こういう時だから

今だからこそ「心理的安全性」の重視

弊社では、リーダーと部下との関係を相互の信頼関係で測るという理論を持っている。 上下の間の信頼関係ができていれば、お互いに同じ方向を向いて、虚心坦懐に話すこともできる。 組織内の信頼関係づくりが有効であることは間違いないだろう。

ばらつきを生かす

工業製品以上に、人間のやることは、もっとばらつきが大きい。 いくら標準化しようとも、人によってやり方や考え方は違ってくるものだ。 ある程度一定のルールややり方で縛られている業務であれば、アウトプットの差は少なくなるだろうが、同じ業務でも人によってそのスピードや手順が変わっているこ