4つの能力が未来を決める!


先の見通しが難しい時代になればなるほど、リーダーの影響力は強くなり、その存在価値はますます大きくなる。


「企業経営の成否は、社長によって決まる」といっても過言ではないだろう。

この場合、社長に必要な能力とは、未来に関する能力である。

それは、次の4つではないだろうか。


1.未来予測力~読みの確かさ

常に先を読むこと。進むべき方向を指し示すことができること。


2.未来開拓力~打つ手の確かさ

未来が開け、良いことが起こってきそうだという予感をもって未来を開妬する力。

良いことがありそうだと忠わせ、希望をもたせる力。


3.未来実現力~実行力の確かさ

苦難を克服した経験や成功体験からくる自信と実行力で、持続力、忍耐力をもっていて、ものごとをやり遂げる力。


4.可能思考力~前向きの挑戦意欲の強さ

失敗すら成功に変え、常に前向きで、プラス発想で、全てをチャンスととらえるチャレンジ精神とパワー。


「過去」や「現在」は他者に任せられても、「未来|に関してはトップ以外、考えることは難しい。

ドラッカーは、「事業に関わる定義のうち、50年はもちろん、30年でさえ有効なものはあまりない。10年が限度である」と言っている(チェンジリーダーの条件)。


未来を予測し、事業を創造することがトップのマネジメントの中心にならざるを得ないのではないだろうか。


20150527 ジェックメールマガジンより


最新記事

すべて表示

弱さこそ強さ

斎藤清作というボクサーがいたことを知っている人はいるだろうか。 1964年に日本フライ級チャンピオンになった人物だ。 そのファイティングスタイルは、ひたすら相手に打たせ続け、 相手が疲れてきた後半に反撃する、というものだ。 打たれても打たれても、ひたすら前に出る。 瞼が切れ、鼻

想像力を働かせることの重要性

もう四半世紀以上前になるが、一緒に働いていた後輩に、 「相手の状況を理解できない」タイプの人物がいた。 後輩「経験してないですし、そんな他人のやっていることはわからないです」 筆者「じゃ、経験したことならわかるのか?」 後輩「バイトとかして、働いた仕事ならわかります」 筆者「想

ニーズの「束」と「核」を再点検

昨年、自宅用のPCを買おうとして、色々情報を得たが、 かなり逡巡する結果となった。 価格や付帯ソフト、CPU、メモリー等基本スペック、 さらには大きさ、色、拡張のし易さ、アフターサービス等、 PCを買おうとするだけで、かなり多くの条件を考え、悩んだ。 伊丹敬之が『経営戦略の論理

創業 1964年6月

本社:東京都豊島区東池袋3丁目1-1 サンシャイン60ビル20階|日本

TEL 03-3986-6365 

大阪 名古屋 

嘉顧企業管理諮詢(上海)有限公司

JECC VIETNAM COMPANY LIMITED