創造性をはぐくむ多様な学びが企業成果を生む

多様性の時代といわれている。


複数の市場が絡み合い、コラボレーションし、新たな価値を創りだしていく

ためには、企業は、働き方や価値観・人材の多様性を活かしながら、

イノベーションを起こしていく人と組織づくりへの転換を迫られている。


どの企業にもいらっしゃると思うが、ジェックには、何か困ったことが

あったら、とりあえず相談する対象として、Aさんという人がいる。

聞いたことがないこと、前例にないこと、新しいことを求められた時など、

自分の中に「解」が無い場合に、まずAさんに聞いたり相談したりするのだ。


なぜ、Aさんに相談するかというと、普段から色々なことにアンテナを立て、

取り入れているから物知りで、「解」を導き出す"引き出し"が多いことと、

新しい相談ごとをおもしろがって聞いてくれるからである。


なおかつ、Aさん自身が知らないことでも、その場で調べ、それなりの

アイデアをくれたり、一緒に動いて成果を出そうとしたりしてくれる。

こうしてAさんには情報が集まり、ますます新しい知識やスキルが身につき、

人から頼られる存在となっているのである。


組織に、"引き出し"が多いAさんが一人いると重宝するのは間違いないが、

Aさんが、二人、三人…沢山いると、そして、そのAさんたちが集まると、

今までにない状況に直面したとしても、どこかからの"引き出し"を開いて

知恵を共創し、新しい価値を生み出すことができるのではないだろうか。

まさしくイノベーションである。


こういった"引き出しが多い人"を、昨今では、異業種交流や副業制度などで

育成しようと試みる企業も増えてきた。

異業種交流や副業制度は、いわば"引き出しが多い人"を育てる手段であり、

つまりは、"学びの多様化"を促進するための打ち手なのである。


ICT技術の目覚ましい革新により、我々は「いつでも、どこでも、誰とでも」

創発し合い学び合う環境を手に入れた。


遠隔地で仕事をしているから、働く時間帯が違うから、職種が違うからなど、

「働き方」の多様性に合わせて「学び方」を選択するだけではなく、

「"引き出しが多い"=多様性を内在した創造的な人」を育成するためにも、

あらゆる学びの手段を使うことが、これからの「学び方」である。


それらの取り組みが企業成果を生み出す原動力となるのである。


ジェックメールマガジンより 20180405



13回の閲覧

関連記事

すべて表示

第二の人生に備える

コロナ禍の今は、助走している時間すらないようにも思う。 おそらく、助走していた人も、今はその助走ができなくなっている。 助走するにも、方向の定めようがなくなっている人も多いだろう。 今は、新しいことに助走している人たちを応援することが必要な時代なのではないか。こういう時だから

今だからこそ「心理的安全性」の重視

弊社では、リーダーと部下との関係を相互の信頼関係で測るという理論を持っている。 上下の間の信頼関係ができていれば、お互いに同じ方向を向いて、虚心坦懐に話すこともできる。 組織内の信頼関係づくりが有効であることは間違いないだろう。

ばらつきを生かす

工業製品以上に、人間のやることは、もっとばらつきが大きい。 いくら標準化しようとも、人によってやり方や考え方は違ってくるものだ。 ある程度一定のルールややり方で縛られている業務であれば、アウトプットの差は少なくなるだろうが、同じ業務でも人によってそのスピードや手順が変わっているこ