創造性をはぐくむ多様な学びが企業成果を生む

多様性の時代といわれている。


複数の市場が絡み合い、コラボレーションし、新たな価値を創りだしていく

ためには、企業は、働き方や価値観・人材の多様性を活かしながら、

イノベーションを起こしていく人と組織づくりへの転換を迫られている。


どの企業にもいらっしゃると思うが、ジェックには、何か困ったことが

あったら、とりあえず相談する対象として、Aさんという人がいる。

聞いたことがないこと、前例にないこと、新しいことを求められた時など、

自分の中に「解」が無い場合に、まずAさんに聞いたり相談したりするのだ。


なぜ、Aさんに相談するかというと、普段から色々なことにアンテナを立て、

取り入れているから物知りで、「解」を導き出す"引き出し"が多いことと、

新しい相談ごとをおもしろがって聞いてくれるからである。


なおかつ、Aさん自身が知らないことでも、その場で調べ、それなりの

アイデアをくれたり、一緒に動いて成果を出そうとしたりしてくれる。

こうしてAさんには情報が集まり、ますます新しい知識やスキルが身につき、

人から頼られる存在となっているのである。


組織に、"引き出し"が多いAさんが一人いると重宝するのは間違いないが、

Aさんが、二人、三人…沢山いると、そして、そのAさんたちが集まると、

今までにない状況に直面したとしても、どこかからの"引き出し"を開いて

知恵を共創し、新しい価値を生み出すことができるのではないだろうか。

まさしくイノベーションである。


こういった"引き出しが多い人"を、昨今では、異業種交流や副業制度などで

育成しようと試みる企業も増えてきた。

異業種交流や副業制度は、いわば"引き出しが多い人"を育てる手段であり、

つまりは、"学びの多様化"を促進するための打ち手なのである。


ICT技術の目覚ましい革新により、我々は「いつでも、どこでも、誰とでも」

創発し合い学び合う環境を手に入れた。


遠隔地で仕事をしているから、働く時間帯が違うから、職種が違うからなど、

「働き方」の多様性に合わせて「学び方」を選択するだけではなく、

「"引き出しが多い"=多様性を内在した創造的な人」を育成するためにも、

あらゆる学びの手段を使うことが、これからの「学び方」である。


それらの取り組みが企業成果を生み出す原動力となるのである。


ジェックメールマガジンより 20180405



12回の閲覧

最新記事

すべて表示

弱さこそ強さ

斎藤清作というボクサーがいたことを知っている人はいるだろうか。 1964年に日本フライ級チャンピオンになった人物だ。 そのファイティングスタイルは、ひたすら相手に打たせ続け、 相手が疲れてきた後半に反撃する、というものだ。 打たれても打たれても、ひたすら前に出る。 瞼が切れ、鼻

想像力を働かせることの重要性

もう四半世紀以上前になるが、一緒に働いていた後輩に、 「相手の状況を理解できない」タイプの人物がいた。 後輩「経験してないですし、そんな他人のやっていることはわからないです」 筆者「じゃ、経験したことならわかるのか?」 後輩「バイトとかして、働いた仕事ならわかります」 筆者「想

ニーズの「束」と「核」を再点検

昨年、自宅用のPCを買おうとして、色々情報を得たが、 かなり逡巡する結果となった。 価格や付帯ソフト、CPU、メモリー等基本スペック、 さらには大きさ、色、拡張のし易さ、アフターサービス等、 PCを買おうとするだけで、かなり多くの条件を考え、悩んだ。 伊丹敬之が『経営戦略の論理

創業 1964年6月

本社:東京都豊島区東池袋3丁目1-1 サンシャイン60ビル20階|日本

TEL 03-3986-6365 

大阪 名古屋 

嘉顧企業管理諮詢(上海)有限公司

JECC VIETNAM COMPANY LIMITED