最終目的はファンづくり

縁もゆかりもない埼玉県越谷市に、寺を作った住職がおられる。

(参考:渡邊源昇『お寺はじめました』原書房, 2018)

宗派の新寺を作る支援制度を活用し、寺を作る土地を探し信徒を獲得していくのだが、

その活動の流れは、企業活動そのものではないかと感じた。


・立地探し=新住民が多く寺の立地が少ない地域を探し、どこに寺を作るかを考える

 (市場ニーズの調査、マーケティング)

・その中で、どのような人を信徒として想定するのか?(誰が顧客か?)

・寺を作る想いやありたい姿はなにか?(ビジョン、戦略)

・そして、どのような寺となるのか(何を提供するのか?)


その他、資金計画や、借りる民家の家賃等からの経費計算、さらには、宗派を知って

もらうために、駅前で「パンフレット入り」のティッシュを配るなど、

飲食店を新規開店する場合とやっていることは何ら変わらない。


この著書に「町の中の懸け橋となるような場所を、仏教を通してつくる(p.24)」と

書いてあり、これがこのお寺のコンセプトであると感じた。

それは、著者が子供のころに通っていたお寺が見本だそうだ。


よく、「儲ける」という漢字を漢字の本来の成り立ちとは違うが、

「信」「者」と分けて説明し、「儲けるとはすなわち信者=ファン客を作ること」

という説明をすることがある。

お寺の場合、まさしく、この「信者」を作ることが繁栄につながる。

そのためにも、源昇住職は「地域への貢献を意識して」、地域にとって必要なお寺を

作ろうとされたようだ。


結局のところ、企業であろうと宗教法人であろうと、ファン客(信者)創造の手法に

変わりはなく、誰に、どんな価値をどのように提供し、支持を広げるのか、その戦略を

具体的に展開していくことしかないのだと思う。


ジェックメールマガジンより 20190607



6回の閲覧

関連記事

すべて表示

第二の人生に備える

コロナ禍の今は、助走している時間すらないようにも思う。 おそらく、助走していた人も、今はその助走ができなくなっている。 助走するにも、方向の定めようがなくなっている人も多いだろう。 今は、新しいことに助走している人たちを応援することが必要な時代なのではないか。こういう時だから

今だからこそ「心理的安全性」の重視

弊社では、リーダーと部下との関係を相互の信頼関係で測るという理論を持っている。 上下の間の信頼関係ができていれば、お互いに同じ方向を向いて、虚心坦懐に話すこともできる。 組織内の信頼関係づくりが有効であることは間違いないだろう。

ばらつきを生かす

工業製品以上に、人間のやることは、もっとばらつきが大きい。 いくら標準化しようとも、人によってやり方や考え方は違ってくるものだ。 ある程度一定のルールややり方で縛られている業務であれば、アウトプットの差は少なくなるだろうが、同じ業務でも人によってそのスピードや手順が変わっているこ