信頼関係は日頃のコミュニケーションから

アメリカンフットボールは、体を動かす練習時間よりも、ミーティングに時間を割く競技だという。


共通認識作り、意思疎通が要で、互いに信頼し合わないと、1ヤードたりとも前に進めない競技なのだそうだ。


役割分担が明確なので、作戦ごとに役割が決まっていて、誰がどう動くのか、誰が誰をどうカバーするのか、細かく検討、理解して試合に臨む。


もちろん、いざ試合となると、その決められた役割を完遂することが求められ、その場に個人の意見はないが、そこに至るまでの過程で、相互に信頼関係をつくることが何より重要なのだ。


もちろん、監督やコーチ等とも信頼関係がないと始まらない。

自由闊達に、意見が言えるということが強いチーム作りに必要な要素となる。


おそらく、アメフトに限らずサッカーやバレーボールなどのチームスポーツは、そのような監督やコーチを含めたメンバー同士の信頼関係が強くなければ、よいパフォーマンスを出すことができないのではないか。


サッカー日本代表が、2大会ぶりに決勝トーナメントに進出したが、その背景には、「信頼関係にあふれる、コミュニケーション豊かな組織作り」があったはずだ。


マネジメントの理論でいえば、

「目的と役割をしっかり認識させるコミュニケーションとその過程における信頼関係の醸成が成果創出のカギ」だということだ。


もう一つ、成果を出すために必要な要素がある。

本来、スポーツも仕事も楽しんでやるもののはずだ。


これを楽しめない状態を作ると、うまくいかない。

楽しめないスポーツや仕事は、うまくいってもうれしくはないものだ。

うれしいというより、「重圧から解放された」という感覚になる。


勝ち続けるチームは、メンバーに自主性があり、そのスポーツや仕事を楽しむ風土があるはずだと思う。

これは、スポーツでも仕事でも変わりのない原則だ。


ジェックメールマガジンより 20180705

関連記事

すべて表示

【商談の壁を乗り越える!】住宅メーカーで集合住宅を販売している入社3年目のMさん お客さまの本音がわからない

住宅メーカーで集合住宅を販売している入社3年目のMさん お客さまの本音がわからない 私は、お客さまには比較的よい印象を持っていただき、打ち解けた雰囲気で商談を進めることができています。 また、商談においては、常にお客さまの心を開いていただいてからでないとリサーチ(お客さまの本音

第二の人生に備える

コロナ禍の今は、助走している時間すらないようにも思う。 おそらく、助走していた人も、今はその助走ができなくなっている。 助走するにも、方向の定めようがなくなっている人も多いだろう。 今は、新しいことに助走している人たちを応援することが必要な時代なのではないか。こういう時だから

今だからこそ「心理的安全性」の重視

弊社では、リーダーと部下との関係を相互の信頼関係で測るという理論を持っている。 上下の間の信頼関係ができていれば、お互いに同じ方向を向いて、虚心坦懐に話すこともできる。 組織内の信頼関係づくりが有効であることは間違いないだろう。