「任せて任せず」

松下幸之助さんは、体が弱かったこともあり、人に仕事を任せることがうまかったと言われる。

自分一人では事業を進めることはできない。

人を信じて任せ、組織を作ることが必要だと自覚していたのだ。


では、どういう基準で人に仕事を任せるのか。


「適任であるか不適任であるか、最初はわからない」が、

「60%くらい、この人やったらいけそうやな」と思ったら任せてしまうのだそうだ。

「色んな角度から見て、選っていくと。80点の点数を求めるような人がいたら、それに越したことはない」が、そういう人を育てるのにも時間はかかるし、その間にビジネスチャンスがなくなるかもしれない。


だから、60点程度の人に任せる。

すると中には100点満点の働きをする人もいるから、大丈夫だという。

(松下資料館 人材育成の考え方コーナーVTRより)。


実際、松下幸之助さんは、当時代表を務める松下電気器具製作所で、昭和8年に事業部制を打ち出し、自ら采配を振るわなくとも、事業が進むようにしかけている。

わずか創立15年のことである。


しかし、任せきりにして放っておくということはしない。

「任せて任せず」と、松下幸之助さんは言う。


報告を求め、時には助言をする。

気になるところには、現場に定期的に通うということもしていたそうだ。


「60%、できる」と思ったら仕事を任せるというこの発想は、仕事を通