「任せて任せず」

松下幸之助さんは、体が弱かったこともあり、人に仕事を任せることがうまかったと言われる。

自分一人では事業を進めることはできない。

人を信じて任せ、組織を作ることが必要だと自覚していたのだ。


では、どういう基準で人に仕事を任せるのか。


「適任であるか不適任であるか、最初はわからない」が、

「60%くらい、この人やったらいけそうやな」と思ったら任せてしまうのだそうだ。

「色んな角度から見て、選っていくと。80点の点数を求めるような人がいたら、それに越したことはない」が、そういう人を育てるのにも時間はかかるし、その間にビジネスチャンスがなくなるかもしれない。


だから、60点程度の人に任せる。

すると中には100点満点の働きをする人もいるから、大丈夫だという。

(松下資料館 人材育成の考え方コーナーVTRより)。


実際、松下幸之助さんは、当時代表を務める松下電気器具製作所で、昭和8年に事業部制を打ち出し、自ら采配を振るわなくとも、事業が進むようにしかけている。

わずか創立15年のことである。


しかし、任せきりにして放っておくということはしない。

「任せて任せず」と、松下幸之助さんは言う。


報告を求め、時には助言をする。

気になるところには、現場に定期的に通うということもしていたそうだ。


「60%、できる」と思ったら仕事を任せるというこの発想は、仕事を通じて人を成長させることではないか。

期待された従業員は、期待に応えようと一生懸命頑張る。

力不足と思うのであれば、なおのこと力をつけようと努力する。

それを経営者として徹底して支援する。

それが松下幸之助の経営の神髄ではなかったかと思う。


また、人の短所をあげれば、きりがない。

そうではなく、人の長所を見つけ活かそうとしなければ、任せることはできない。

「美点凝視」の人でもあったのだろう。


近年、「60%で任せる」ということができない企業が多くなっているように感じる。

仕事上のミスは利益を損なうし、顧客の信頼を失うことに直結する。

わずかな失敗を恐れ、チャレンジさせない。

そうなると、経営者は60%の力を身に付けた人でも、任せない。

何かにつけ、口を出す。

やがて自主性は失われ、上の言うことを聞くだけの人を作ってはしまわないだろうか。


「任せて任せず」。

難しいことだが、人を育てる基本であることは、間違いない。


20180920 ジェックメールマガジンより


関連記事

すべて表示

【商談の壁を乗り越える!】住宅メーカーで集合住宅を販売している入社3年目のMさん お客さまの本音がわからない

住宅メーカーで集合住宅を販売している入社3年目のMさん お客さまの本音がわからない 私は、お客さまには比較的よい印象を持っていただき、打ち解けた雰囲気で商談を進めることができています。 また、商談においては、常にお客さまの心を開いていただいてからでないとリサーチ(お客さまの本音

第二の人生に備える

コロナ禍の今は、助走している時間すらないようにも思う。 おそらく、助走していた人も、今はその助走ができなくなっている。 助走するにも、方向の定めようがなくなっている人も多いだろう。 今は、新しいことに助走している人たちを応援することが必要な時代なのではないか。こういう時だから

今だからこそ「心理的安全性」の重視

弊社では、リーダーと部下との関係を相互の信頼関係で測るという理論を持っている。 上下の間の信頼関係ができていれば、お互いに同じ方向を向いて、虚心坦懐に話すこともできる。 組織内の信頼関係づくりが有効であることは間違いないだろう。