「手形」から「差異化」につながった話

「ある時、納品した機械に人の手の形に錆が浮いてきたんです。


調べてみると、確かに、規定通りに塗装はされている。どうやら塗装前の鉄板に手をついて、その手の油のせいで、そこだけ浮き上がってきたことが分かりました。


そんなこともあって、外注に出していた塗装も内製化することになったんです。

内製化率が高い、とよく言われるのですが…。

そうでないと、品質をしっかり確保できないという考え方をしているんです。

……という話が、結構、お客様に受けるんです」


「手形」といっても、お金の話ではなく、文字通り「人の手の形」の話だ。


この話は、研修の場で、たまたまその企業の営業担当者から聞いた。


営業現場でよく使われるトークだそうで、自社の差異化を生んだ事例として、社内伝説になっているらしい。

ただ、このような「営業が自慢できる商品の話」を、同じ研修の場にいたその会社の塗装の担当者(入社12年目)は知らなかった。


「いやー、モチベーション、上がります」と答えていたが、本来なら、塗装の現場でも仕事の重要性を伝える話として、伝承されていてもおかしくないはずだ。


手形の話は恐らく「苦情」として製造現場に伝えられ、内製化によって改善された。


しかし、それ以降、現場で「なぜ、内製化しているのか?」という話が伝承されることはなかったのだろう。


結果として「暑いところにいる仕事で大変なんです」等、仕事に対する不満は聞こえても、やりがいは聞こえなくなる。

これは、非常にもったいないことだと思う。


この様な話は、単に製造現場のモチベーションを上げるだけではない。

営業トークとして、自社の特長、差異化要因をコンパクトにまとめて使える。


つまり、自社の強みである。

それをよく理解することなくものづくりを進めても、誇りや改善意欲は生まれない。

自社商品が好きだ、世の中で役に立っている、そう感じるからこそ、製造現場でも改善が進み、良いものが作れるのではないか。


冒頭の会話のような顧客接点における「自社の強み」や「お褒めの言葉」等は、なかなか製造現場までフィードバックされない。

自社商品の評価まで、製造現場の人の意識はなかなか向わないし、営業も伝えない。

ただし、苦情は伝える。(これは、製造にかかわる者としての責任でもある)


こういうことはメーカーの営業と製造の話だけではなく、営業と経理等の顧客接点のない部門との関係にも言えることだ。


自社の強みや評価を知ることは、全従業員にとって必ずプラスになる。

そのためには、現場情報のフィードバックをもっと活発に行ってはいかがか。


20181018 ジェックメールマガジンより


関連記事

すべて表示

第二の人生に備える

コロナ禍の今は、助走している時間すらないようにも思う。 おそらく、助走していた人も、今はその助走ができなくなっている。 助走するにも、方向の定めようがなくなっている人も多いだろう。 今は、新しいことに助走している人たちを応援することが必要な時代なのではないか。こういう時だから

今だからこそ「心理的安全性」の重視

弊社では、リーダーと部下との関係を相互の信頼関係で測るという理論を持っている。 上下の間の信頼関係ができていれば、お互いに同じ方向を向いて、虚心坦懐に話すこともできる。 組織内の信頼関係づくりが有効であることは間違いないだろう。

ばらつきを生かす

工業製品以上に、人間のやることは、もっとばらつきが大きい。 いくら標準化しようとも、人によってやり方や考え方は違ってくるものだ。 ある程度一定のルールややり方で縛られている業務であれば、アウトプットの差は少なくなるだろうが、同じ業務でも人によってそのスピードや手順が変わっているこ