ラストベルトと日本

「ラストベルト」とは、アメリカ合衆国の五大湖周辺から、東海岸に至る地帯で、かつて、重厚長大といわれる産業が盛んだった工業地域帯のことである。

ラスト(rust)とは、「さび」という意味で、斜陽化が進んでいる様を意味する。


この「ラストベルト」がかつて発展した一つの要因として、移民をはじめとする、多くの安い労働力のもと、「単純工」による徹底した分業で、効率化を進めたことにあったと考えられる。


しかし、この地域で発展してきた産業、たとえば、自動車産業が衰退した時に、単純工の労働者たちは、他の仕事に転換できず、行き場を失ってしまった。

これは企業も同じで、新しい産業分野に踏み出すことができないばかりか、従来通りの仕事の進め方から脱却できない企業も多かっただろう。



転じて、日本においては、「多能工が育成されたことで産業が発展した」と、以前、当メールマガジンで書いたことがある。

移民のいない日本は、複数の業務を担当する多能工、熟練工で生産性向上を図ってきたと考えられる。

だからこそ、日本の多くの企業は、多能工、熟練工養成のため、正社員による長期雇用が意味を持ち、簡単には従業員を辞めさせることはなかった。


ところが、日本でも、不況による非正規労働者の増加や、少子高齢化による労働力の確保として、外国人労働者の受け入れが進んでいる。

そうなると、今、アメリカで起こっていることと同じような事象が、将来起きないともいえないのではないだろうか。


「単純労働」しか経験しておらず、考える力や高度なスキルが養われていないと、低水準の賃金の「単純労働」を渡り歩くしかできなくなるかもしれない。

企業も「モノづくり」のノウハウが蓄積・進化せず、「日本ならでは」の国際的な競争力を失うかもしれない。

将来起きないともいえないと書いたが、既に起こりつつあることだともいえる。


このように出口の見えない情