ラストベルトと日本

「ラストベルト」とは、アメリカ合衆国の五大湖周辺から、東海岸に至る地帯で、かつて、重厚長大といわれる産業が盛んだった工業地域帯のことである。

ラスト(rust)とは、「さび」という意味で、斜陽化が進んでいる様を意味する。


この「ラストベルト」がかつて発展した一つの要因として、移民をはじめとする、多くの安い労働力のもと、「単純工」による徹底した分業で、効率化を進めたことにあったと考えられる。


しかし、この地域で発展してきた産業、たとえば、自動車産業が衰退した時に、単純工の労働者たちは、他の仕事に転換できず、行き場を失ってしまった。

これは企業も同じで、新しい産業分野に踏み出すことができないばかりか、従来通りの仕事の進め方から脱却できない企業も多かっただろう。



転じて、日本においては、「多能工が育成されたことで産業が発展した」と、以前、当メールマガジンで書いたことがある。

移民のいない日本は、複数の業務を担当する多能工、熟練工で生産性向上を図ってきたと考えられる。

だからこそ、日本の多くの企業は、多能工、熟練工養成のため、正社員による長期雇用が意味を持ち、簡単には従業員を辞めさせることはなかった。


ところが、日本でも、不況による非正規労働者の増加や、少子高齢化による労働力の確保として、外国人労働者の受け入れが進んでいる。

そうなると、今、アメリカで起こっていることと同じような事象が、将来起きないともいえないのではないだろうか。


「単純労働」しか経験しておらず、考える力や高度なスキルが養われていないと、低水準の賃金の「単純労働」を渡り歩くしかできなくなるかもしれない。

企業も「モノづくり」のノウハウが蓄積・進化せず、「日本ならでは」の国際的な競争力を失うかもしれない。

将来起きないともいえないと書いたが、既に起こりつつあることだともいえる。


このように出口の見えない情勢が続くと、仕事が無いことを外国人労働者のせいにした排斥運動が起こったり、日本に定住した外国人が、日本人従業員との社会保障や待遇の差を訴えたりと、お互いがいがみ合う世の中になるかもしれない。


すでに日本は移民に頼る国であるとも言われる。

130万人近い外国人労働者が既に働いているのだ。

アメリカで起きていることは、「今、起きている未来」ととらえ、共存し共栄する世の中をつくるために、我々は何を意識し、どう行動するのかを今一度考える必要があるだろう。


20181213 ジェックメールマガジンより


最新記事

すべて表示

弱さこそ強さ

斎藤清作というボクサーがいたことを知っている人はいるだろうか。 1964年に日本フライ級チャンピオンになった人物だ。 そのファイティングスタイルは、ひたすら相手に打たせ続け、 相手が疲れてきた後半に反撃する、というものだ。 打たれても打たれても、ひたすら前に出る。 瞼が切れ、鼻

想像力を働かせることの重要性

もう四半世紀以上前になるが、一緒に働いていた後輩に、 「相手の状況を理解できない」タイプの人物がいた。 後輩「経験してないですし、そんな他人のやっていることはわからないです」 筆者「じゃ、経験したことならわかるのか?」 後輩「バイトとかして、働いた仕事ならわかります」 筆者「想

ニーズの「束」と「核」を再点検

昨年、自宅用のPCを買おうとして、色々情報を得たが、 かなり逡巡する結果となった。 価格や付帯ソフト、CPU、メモリー等基本スペック、 さらには大きさ、色、拡張のし易さ、アフターサービス等、 PCを買おうとするだけで、かなり多くの条件を考え、悩んだ。 伊丹敬之が『経営戦略の論理

創業 1964年6月

本社:東京都豊島区東池袋3丁目1-1 サンシャイン60ビル20階|日本

TEL 03-3986-6365 

大阪 名古屋 

嘉顧企業管理諮詢(上海)有限公司

JECC VIETNAM COMPANY LIMITED