自ら視野を狭めてはいないか?

ネット上のまとめサイトなどを見ていると、その人の嗜好が分析され、特定分野の商品広告やニュースの表示が増えてくる。


私のお客様にマンション販売会社がある。


仕事で、そのお客様の売っているマンションを検索すると、自宅周辺のマンション情報がやたらと検索サイトの脇に表示されるようになったり、ネットで鞄を買うと、既に買ったにもかかわらずやたらと鞄の広告が出てきたりする。


このようにして、自分の振る舞いに起因する情報は多数入ってくるが、それ以外の情報は入りにくくなっていく。


総務省情報通信政策研究所の

「平成29年情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」の中で

「テキストでニュースを得る手段がインターネットにどの程度移行しているかについて

調査した結果」がある。

(http://www.soumu.go.jp/main_content/000564530.pdf)


これによると、20代では、

 紙の新聞 26%、

 新聞社の有料ニュースサイト 3.7%、

 無料サイト 11.8%、

 ポータルサイトによるニュース配信 69.4%、

 ソーシャルメディアによるニュース配信 50.5%、

 キュレーションサービス 16.7%、

 いずれの方法でも読んでいない 7.4%

となっている。


50代においては、紙の新聞が73.3%に上るのに対して、その1/3しか20代は紙の新聞を読んでいないことが分かる。

その50代でも、ポータルサイトによるニ