仕事が好き!を放置しない

大相撲三月場所が開催中である。

残念ながら、この場所の番付に稀勢の里の名前は無い。


稀勢の里は、けがをきっかけに不振が続いても、引退せず、休場して出直すということを続けたが、結果的に道半ばで引退することになった。

この引退に関して、「横綱の引き際の美学」から、様々な意見もあった。

「横綱は、土俵に上がり続けなければいけない」という重圧から、しっかりとけがを治す時間が取れなかったのではないかとも思う。


これを企業の出来事としてとらえるとどうなるか。

もっとも、力士の場合は、後進の指導にあたる親方になるので、相撲界から引退したのでも、部屋を辞めたわけでもない。

ただの職種変更とも見なせるが…。


横綱とはいえ、「部屋の一員で、横綱という地位にいる」ということは、「一企業の従業員で、その部署のスタープレーヤー」と同じだと考えると、当然、管理者=親方がおり、そこで管理監督や指導があってしかるべきである。


「世の中からの勝って欲しい、休まないで欲しいという熱い期待」は、「彼にこの仕事を担当して欲しいという、お客様からの熱烈な要望」ともいえる。


期待に応えなければ…という重圧で、充分休めない、ということであっても、従業員を守るという点から、十分な休養を取らせるのが普通の企業であろう。

これを「本人が望んでいるから」「顧客の熱烈な要望」だからということで、放置したり、本人の判断に一任したりというのは、管理の放棄にしか映るまい。


「本人が、仕事をしたいと言っているから、毎月200時間残業を容認した。

とはいえ、好きでやっているので、残業代はなし」とか、「お客様から明日納期の仕事が入ったので、今夜は徹夜。翌日も休みはなし」と36時間労働を認めるというようなことは、普通の感覚ならおかしい。


特に「本人が望んでいるから」という言葉は、怖い。

「本人がやりがいを感じているので、どんな働き方でも放置する」ような風潮は、職人や芸能の世界にはありそうだが、これを普通の会社に持ち込むと大変である。


「好きをバイトにする」という言葉もあるが、私には「同一労働同一賃金」の原則を崩したり、「長時間労働を厭わない従業員を募集する」したりするための言い訳にしか聞こえない。


「仕事が好き」というのは、長期に渡り仕事を続けるためには必要なことだが、長期に仕事をし続けることができるための環境整備や指導は、企業の側の責任で進めるべきことなのだ。



20190320 ジェックメールマガジンより

4回の閲覧

最新記事

すべて表示

弱さこそ強さ

斎藤清作というボクサーがいたことを知っている人はいるだろうか。 1964年に日本フライ級チャンピオンになった人物だ。 そのファイティングスタイルは、ひたすら相手に打たせ続け、 相手が疲れてきた後半に反撃する、というものだ。 打たれても打たれても、ひたすら前に出る。 瞼が切れ、鼻

想像力を働かせることの重要性

もう四半世紀以上前になるが、一緒に働いていた後輩に、 「相手の状況を理解できない」タイプの人物がいた。 後輩「経験してないですし、そんな他人のやっていることはわからないです」 筆者「じゃ、経験したことならわかるのか?」 後輩「バイトとかして、働いた仕事ならわかります」 筆者「想

ニーズの「束」と「核」を再点検

昨年、自宅用のPCを買おうとして、色々情報を得たが、 かなり逡巡する結果となった。 価格や付帯ソフト、CPU、メモリー等基本スペック、 さらには大きさ、色、拡張のし易さ、アフターサービス等、 PCを買おうとするだけで、かなり多くの条件を考え、悩んだ。 伊丹敬之が『経営戦略の論理

創業 1964年6月

本社:東京都豊島区東池袋3丁目1-1 サンシャイン60ビル20階|日本

TEL 03-3986-6365 

大阪 名古屋 

嘉顧企業管理諮詢(上海)有限公司

JECC VIETNAM COMPANY LIMITED