「こうげんれいしょく」に惑わされないように

孔子は「仁」を重んじる。

その孔子の言動を弟子たちがまとめたものが論語だが、その中で「仁」がない様子を

指す四字熟語の一つとして、「巧言令色(こうげんれいしょく)」という言葉がある。

意味合いとしては、愛想が良く、相手に取り入ろうとする様子を指す。


孔子も人の評価を誤っていたことがあり、弁が立つ弟子を重んじていたが、

後にその弟子に「徳がない」と嘆いている。

逆に、口数も少なく、見た目が醜い弟子を重んじていなかったが、

後に別の門弟からの高い評価を聞いて、以前の自分の評価を嘆いている。


その門弟は、

「彼は歩くときに近道をしません(行くに径に由らず)。公務でなければ、

決して上司である私の部屋にやってくることはありません」と評価した。


この「行くに径に由らず」とは、

「小細工をせず、いつも正々堂々と事を行うこと」という意味だ。

上司に気に入られようと取り入るような行為はせず、

実績で認められる部下ということになる。


そのような部下を得た上司は、安心して仕事を任せられるだろう。


(参考 諏訪原研著,『四字熟語で読む論語』2008,大修館書店)


20190822 ジェックメールマガジンより 



創業 1964年6月

本社:東京都豊島区東池袋3丁目1-1 サンシャイン60ビル20階|日本

TEL 03-3986-6365 

大阪 名古屋 

嘉顧企業管理諮詢(上海)有限公司

JECC VIETNAM COMPANY LIMITED