「こうげんれいしょく」に惑わされないように

孔子は「仁」を重んじる。

その孔子の言動を弟子たちがまとめたものが論語だが、その中で「仁」がない様子を

指す四字熟語の一つとして、「巧言令色(こうげんれいしょく)」という言葉がある。

意味合いとしては、愛想が良く、相手に取り入ろうとする様子を指す。


孔子も人の評価を誤っていたことがあり、弁が立つ弟子を重んじていたが、

後にその弟子に「徳がない」と嘆いている。

逆に、口数も少なく、見た目が醜い弟子を重んじていなかったが、

後に別の門弟からの高い評価を聞いて、以前の自分の評価を嘆いている。


その門弟は、

「彼は歩くときに近道をしません(行くに径に由らず)。公務でなければ、

決して上司である私の部屋にやってくることはありません」と評価した。


この「行くに径に由らず」とは、

「小細工をせず、いつも正々堂々と事を行うこと」という意味だ。

上司に気に入られようと取り入るような行為はせず、

実績で認められる部下ということになる。


そのような部下を得た上司は、安心して仕事を任せられるだろう。


(参考 諏訪原研著,『四字熟語で読む論語』2008,大修館書店)


20190822 ジェックメールマガジンより 



関連記事

すべて表示

第二の人生に備える

コロナ禍の今は、助走している時間すらないようにも思う。 おそらく、助走していた人も、今はその助走ができなくなっている。 助走するにも、方向の定めようがなくなっている人も多いだろう。 今は、新しいことに助走している人たちを応援することが必要な時代なのではないか。こういう時だから

今だからこそ「心理的安全性」の重視

弊社では、リーダーと部下との関係を相互の信頼関係で測るという理論を持っている。 上下の間の信頼関係ができていれば、お互いに同じ方向を向いて、虚心坦懐に話すこともできる。 組織内の信頼関係づくりが有効であることは間違いないだろう。

ばらつきを生かす

工業製品以上に、人間のやることは、もっとばらつきが大きい。 いくら標準化しようとも、人によってやり方や考え方は違ってくるものだ。 ある程度一定のルールややり方で縛られている業務であれば、アウトプットの差は少なくなるだろうが、同じ業務でも人によってそのスピードや手順が変わっているこ