ターゲティング広告を超えるのは「人」

トム・クルーズ主演の映画「マイノリティ・レポート」で、街中のデジタルサイネージのような広告媒体に、通り過ぎる本人が興味ありそうな広告が出てくる場面がある。 この映画は2002年公開で、初めて見たときには、「こんな未来が来るのか」と驚いたことを覚えている。 そのようなデジタルサイネージでの個人別広告表示とまではいかないが、PCでは、過去の検索履歴やECサイトでの購買履歴、本人の属性に合わせた広告表示が行われるのは当たり前になってきた。 いわゆる、ターゲティング広告だ。 私の場合、仕事の関係で新築マンションを調べることも多く、不動産関連の広告がよく表示される。 ただ、私にとってはちょっとズレた広告も比較的よく表示される。 例えば、中高年を対象とした婚活サイトの広告である。 確かに、私は中高年であるが、既婚であり、婚活は今のところ不要である。 「新築マンションを調べている⇒マンション広告」、「年齢が50台後半⇒中高年対象の婚活サイト」と、訴求は極めて直線的でしかない。 フォードの創業者、ヘンリーフォードの箴言(しんげん)として「もし顧客に、彼らの望むものを聞いていたら、 彼らは『もっと速く走る馬』と答えていただろう」というものがある。 今のターゲティング広告のレベルは、まだ「速く走る馬」を提案するレベルなのだ。 真に必要なのは、その先の欲求に沿った提案なのだろう。 顧客が「こういうのが欲しかった」という、直接的な要望の一つ先のものだ。 今後は、AIの発達により、プロファイリングがしっかりと行われ、深掘りしたニーズに対する訴求が行われていくのだろうが、まだまだ精度が追い付かなかったり、なぜか釈然としない気持ちを予見するのは私だけだろうか。 しかし、ターゲティング広告は、そこまでは未だ至っていないし、これは人でしかできないのではないか。 人が人と面して、深掘り質問をして、相手の立場から必要なものを創造していく中での提案こそ、真にイノベーティブなものになるに違いない。


20191226 ジェックメールマガジンより

最新記事

すべて表示

弱さこそ強さ

斎藤清作というボクサーがいたことを知っている人はいるだろうか。 1964年に日本フライ級チャンピオンになった人物だ。 そのファイティングスタイルは、ひたすら相手に打たせ続け、 相手が疲れてきた後半に反撃する、というものだ。 打たれても打たれても、ひたすら前に出る。 瞼が切れ、鼻

想像力を働かせることの重要性

もう四半世紀以上前になるが、一緒に働いていた後輩に、 「相手の状況を理解できない」タイプの人物がいた。 後輩「経験してないですし、そんな他人のやっていることはわからないです」 筆者「じゃ、経験したことならわかるのか?」 後輩「バイトとかして、働いた仕事ならわかります」 筆者「想

ニーズの「束」と「核」を再点検

昨年、自宅用のPCを買おうとして、色々情報を得たが、 かなり逡巡する結果となった。 価格や付帯ソフト、CPU、メモリー等基本スペック、 さらには大きさ、色、拡張のし易さ、アフターサービス等、 PCを買おうとするだけで、かなり多くの条件を考え、悩んだ。 伊丹敬之が『経営戦略の論理

創業 1964年6月

本社:東京都豊島区東池袋3丁目1-1 サンシャイン60ビル20階|日本

TEL 03-3986-6365 

大阪 名古屋 

嘉顧企業管理諮詢(上海)有限公司

JECC VIETNAM COMPANY LIMITED