イノベーションとQRコード決済

最終更新: 2020年7月15日

P.F.ドラッカーは、著書『イノベーションと起業家精神』 (上田/惇生・佐々木/実智男 訳, ダイヤモンド社,1985)の中で、 「いまにもイノベーションが起こりそうでありながら何も起こらない という期間が長期に渡って続く。そして突如爆破が起こる。 数年にわたる開放期が始まり、興奮と乱立が見られ脚光が当たられる。 五年後には整理期が始まりわずかだけが生き残る」(p.138)と書いている。 携帯電話会社は、今年、楽天が参入したが、3社に集約されるまで、地域携帯会社を含め、IDOグループ、ツーカーセルラーグループ、デジタルホン等の複数社が乱立した時代があった。 今は、「整理期が終わった」ということだろうが、5Gを前提に、第二のイノベーションが起こるかもしれない。 また、MVNOのシェアは未だ7%を超えた程度。 マーケティングでいうところの「キャズム越え」まではまだ遠いが、そこを越えれば、もう一段の波乱があるかもしれない。 では、日本における「QRコード決済」は、今「突如爆発が起こる」手前にいると考えるか、「興奮と乱立が見られ」という時期にいるか、どちらだろうか。 「働き方改革」という波はどのあたりなのだろう。 「外国からの観光客」は、まだ増えるのだろうか。 「SDGs」は、大手企業では、様々な形で目標に組み込まれてきたが、実際の行動、成果としてはどうだろう。 「脱化石燃料」の波は、どうだろう。 いつ爆発が起こるか、気になる事象はたくさんあるし、それによって、私たちのビジネス環境が激変することもありうる。 私たちの周りで起こっている小さな変化は、全て未来に続く出来事の予兆で、その変化の延長線上に何が予測できるか、それをつかむことが経営者の役割なのだろう。 後付けなら、誰でもできる。 P.F.ドラッカーは、 「イノベーションとは、意識的かつ組織的に変化を探すことである」という(同p.15)。 変化を読むために必要なのは、 この小さな変化を油断なく捜すことに尽きると思う。

20201009 ジェックメールマガジンより





関連記事

すべて表示

第二の人生に備える

コロナ禍の今は、助走している時間すらないようにも思う。 おそらく、助走していた人も、今はその助走ができなくなっている。 助走するにも、方向の定めようがなくなっている人も多いだろう。 今は、新しいことに助走している人たちを応援することが必要な時代なのではないか。こういう時だから

今だからこそ「心理的安全性」の重視

弊社では、リーダーと部下との関係を相互の信頼関係で測るという理論を持っている。 上下の間の信頼関係ができていれば、お互いに同じ方向を向いて、虚心坦懐に話すこともできる。 組織内の信頼関係づくりが有効であることは間違いないだろう。

ばらつきを生かす

工業製品以上に、人間のやることは、もっとばらつきが大きい。 いくら標準化しようとも、人によってやり方や考え方は違ってくるものだ。 ある程度一定のルールややり方で縛られている業務であれば、アウトプットの差は少なくなるだろうが、同じ業務でも人によってそのスピードや手順が変わっているこ