弱さこそ強さ

斎藤清作というボクサーがいたことを知っている人はいるだろうか。

1964年に日本フライ級チャンピオンになった人物だ。


そのファイティングスタイルは、ひたすら相手に打たせ続け、

相手が疲れてきた後半に反撃する、というものだ。

打たれても打たれても、ひたすら前に出る。

瞼が切れ、鼻血が飛び散り、それは壮絶なものだったという。

対戦相手が、このままでは死んでしまうのでは、と思うほどだったそうだ。


なぜ、そんな戦法を取ったのかというと、

一つには「左目が見えない」ことがあった。

プロテストの際にはごまかして視力検査を受けたという。

そして、もう一つの理由は、打たれ強いことが自分の特徴だと

認識していたことにある。

その特徴を生かすために、ひたすら打たれ続けたのだ。


引退後は喜劇役者、たこ八郎として、多数の映画やテレビに出演する。

引退時には、頭部の損傷で(パンチドランカー)、

記憶力や身体機能に異常をきたしていたらしい。


それでも、多くの人に愛され、テレビやドラマ、映画等に出ていた。

有名なところでは、「幸せの黄色いハンカチ」にチンピラ役として、

テレビドラマ「ムー(一族)」では立ち退きを迫るやくざの子分として、

亡くなるころに「笑っていいとも」にレギュラーとして出演していた。

なぜ、芸能界は、彼を起用し続けたのか?


人物として、ひょうきんで面白いということだけではない。

伝記を読むと、人間的にも愛される人だった。

何かと周りの人間は、構わずにはいられない存在だったのだと思う。


人は、互助的な存在である。

弱い人に手を差し伸べる、そういう本質を持っている。

彼には、多数の人が手を差し伸べさせる力(=弱さ)があったのだろう。

その上で、彼自身の個性が生きる場面を設定していたのだろう。

だから、テレビや映画中でも、見事に役にはまって、輝いていたのだ。


チームは個性を生かし合うことで成り立つ。

つまり、チームに属する人は、強みもあれば、弱みもある。

その強みを生かすためには、

弱みをお互いに認め合うことがなければならないのだ。

意識して強み、弱みをお互いに知るようにしなければ、

チームとしての強みは生まれない。


私たちは、お互いに弱みを認め合う関係にあるだろうか。

ややもすると、相手のできないこと、やれないことを

責め立ててはいないだろうか。



20200528 ジェックメールマガジンより


13回の閲覧

関連記事

すべて表示

ニーズの「束」と「核」を再点検

昨年、自宅用のPCを買おうとして、色々情報を得たが、 かなり逡巡する結果となった。 価格や付帯ソフト、CPU、メモリー等基本スペック、 さらには大きさ、色、拡張のし易さ、アフターサービス等、 PCを買おうとするだけで、かなり多くの条件を考え、悩んだ。 伊丹敬之が『経営戦略の論理

一人親方と個人商店

あるメーカーのサービス部門の会議で、 「一人親方」と「個人商店」の違いについての議論があった。 これらの定義に関しては、次のように話されていた。 「一人親方」とは、 ・ある一定の技量を持ち、現場で求められる作業全般をこなすことができる。 ・そのような「一人親方」が人を使って作業

創業 1964年6月

本社:東京都豊島区東池袋3丁目1-1 サンシャイン60ビル20階|日本

TEL 03-3986-6365 

大阪 名古屋 

嘉顧企業管理諮詢(上海)有限公司

JECC VIETNAM COMPANY LIMITED