弱さこそ強さ

斎藤清作というボクサーがいたことを知っている人はいるだろうか。

1964年に日本フライ級チャンピオンになった人物だ。


そのファイティングスタイルは、ひたすら相手に打たせ続け、

相手が疲れてきた後半に反撃する、というものだ。

打たれても打たれても、ひたすら前に出る。

瞼が切れ、鼻血が飛び散り、それは壮絶なものだったという。

対戦相手が、このままでは死んでしまうのでは、と思うほどだったそうだ。


なぜ、そんな戦法を取ったのかというと、

一つには「左目が見えない」ことがあった。

プロテストの際にはごまかして視力検査を受けたという。

そして、もう一つの理由は、打たれ強いことが自分の特徴だと

認識していたことにある。

その特徴を生かすために、ひたすら打たれ続けたのだ。


引退後は喜劇役者、たこ八郎として、多数の映画やテレビに出演する。

引退時には、頭部の損傷で(パンチドランカー)、

記憶力や身体機能に異常をきたしていたらしい。


それでも、多くの人に愛され、テレビやドラマ、映画等に出ていた。

有名なところでは、「幸せの黄色いハンカチ」にチンピラ役として、

テレビドラマ「ムー(一族)」では立ち退きを迫るやくざの子分として、

亡くなるころに「笑っていいとも」にレギュラーとして出演していた。

なぜ、芸能界は、彼を起用し続けたのか?


人物として、ひょうきんで面白いということだけではない。

伝記を読むと、人間的にも愛される人だった。

何かと周りの人間は、構わずにはいられない存在だったのだと思う。


人は、互助的な存在である。

弱い人に手を差し伸べる、そういう本質を持っている。

彼には、多数の人が手を差し伸べさせる力(=弱さ)があったのだろう。

その上で、彼自身の個性が生きる場面を設定していたのだろう。

だから、テレビや映画中でも、見事に役にはまって、輝いていたのだ。


チームは個性を生かし合うことで成り立つ。

つまり、チームに属する人は、強みもあれば、弱みもある。

その強みを生かすためには、

弱みをお互いに認め合うことがなければならないのだ。

意識して強み、弱みをお互いに知るようにしなければ、

チームとしての強みは生まれない。


私たちは、お互いに弱みを認め合う関係にあるだろうか。

ややもすると、相手のできないこと、やれないことを

責め立ててはいないだろうか。



20200528 ジェックメールマガジンより


25回の閲覧

関連記事

すべて表示

第二の人生に備える

コロナ禍の今は、助走している時間すらないようにも思う。 おそらく、助走していた人も、今はその助走ができなくなっている。 助走するにも、方向の定めようがなくなっている人も多いだろう。 今は、新しいことに助走している人たちを応援することが必要な時代なのではないか。こういう時だから

今だからこそ「心理的安全性」の重視

弊社では、リーダーと部下との関係を相互の信頼関係で測るという理論を持っている。 上下の間の信頼関係ができていれば、お互いに同じ方向を向いて、虚心坦懐に話すこともできる。 組織内の信頼関係づくりが有効であることは間違いないだろう。

ばらつきを生かす

工業製品以上に、人間のやることは、もっとばらつきが大きい。 いくら標準化しようとも、人によってやり方や考え方は違ってくるものだ。 ある程度一定のルールややり方で縛られている業務であれば、アウトプットの差は少なくなるだろうが、同じ業務でも人によってそのスピードや手順が変わっているこ