雑談とあそびの有意性


「新型コロナウイルス感染拡大を受けて事業内容や体制」について

全国の主要100社アンケートが朝日新聞に掲載されていた。

(2020年6月27日14版 朝刊1・7面)


その中で、テレワークの課題として、一番多かったのは(複数回答)

「機器やシステムの不足」(54社)だったが、

二番目が「社内コミュニケーションの希薄化」(53社)だ。



確かに、オンライン会議は頻繁に行われるようになったが、

それは公式なコミュニケーションで、

それ以外の何気ないコミュニケーションはどうしても減ってしまう。

記事でも旭化成の小堀秀毅社長は、

「対面なら、会議中に誰かが言ったことをヒントにアイデアが広がるが、

オンラインでは形式的な議論になりがちだ」と言っている。


在宅勤務が始まってからの働き方で感じている不満は、

まさしく、「コミュニケーション不足」と、ある種の「あそびのなさ」だ。

「あそび」といっても、仕事中に遊ぼうというのではない。


仕事の中の余白といえばよいだろうか、人との無駄かもしれない接点

(挨拶を交わす程度から、ちょっとした雑談まで)や、

移動時間といったものが非常に少なくなってしまったため、

一つの業務が終わったら、次、次と業務に取り組んでしまう。


「間」というものがなくなってしまっていることにストレスを感じる。

顧客を訪問することもないので、電車やバスにも乗らない。

以前は、電車での移動中は本や新聞を読んでいたが、それもできない。

新聞は、朝のうちの読み切り、本は休日にまとめて読むようになってきた。


ちょっとしたコミュニケーションに関しては、ほとんどなくなった。


職場で仕事をしていれば、

仕事の会話でも多少の冗談は言うだろうし、相づちも打つ。

目の前に座っていれば、仕事に関しても、仕事以外でも何らかの会話はする。

オンラインでは、余談や無駄話はゼロとは言わないが、かなり少ない。


また、お昼を同じ場所で食べていれば、雑談の中に有意義な会話もある。

お茶を淹れに行けば、そこにいる人と、なんらかの会話を交わす。

社内での、一見、無駄と思える会話が、帰属意識や承認欲求、社内の不満や

疑問の解消、仕事のアイデアの創出等に影響していたことを今、感じている。


さらには、例え出社しても、会議室のようなところで、

多人数で一緒にランチを食べる、ということもなくなっている。

出社しようがしまいが、ランチでの会話は、ほぼないのだ。


このように、お互いに知り合うということが非常に少なくなっている。

強みや弱み、癖、傾向、興味関心ごと等、

その人となりが分からないまま仕事をしている感じがする。

この積み重ねは、共助の関係を失うような気がしてならない。


ではどうやって「社内コミュニケーションの希薄化」をカバーすればよいのか?


テレビでは、オンラインランチ会をやっている企業も紹介されていた

(NHK 「サラメシ シーズン10(7)」)。

オンライン飲み会も増えてきている。

オンラインであっても、社内コミュニケーションをとる努力はできるのだ。


「あそび」に関しては、定期的な「休憩」が必要だと感じる。

仕事から離れる時間を10分程度、午前午後に意識して取るのはどうだろう。


20200709 ジェックメールマガジンより

関連記事

すべて表示

第二の人生に備える

コロナ禍の今は、助走している時間すらないようにも思う。 おそらく、助走していた人も、今はその助走ができなくなっている。 助走するにも、方向の定めようがなくなっている人も多いだろう。 今は、新しいことに助走している人たちを応援することが必要な時代なのではないか。こういう時だから

今だからこそ「心理的安全性」の重視

弊社では、リーダーと部下との関係を相互の信頼関係で測るという理論を持っている。 上下の間の信頼関係ができていれば、お互いに同じ方向を向いて、虚心坦懐に話すこともできる。 組織内の信頼関係づくりが有効であることは間違いないだろう。

ばらつきを生かす

工業製品以上に、人間のやることは、もっとばらつきが大きい。 いくら標準化しようとも、人によってやり方や考え方は違ってくるものだ。 ある程度一定のルールややり方で縛られている業務であれば、アウトプットの差は少なくなるだろうが、同じ業務でも人によってそのスピードや手順が変わっているこ