雑談とあそびの有意性


「新型コロナウイルス感染拡大を受けて事業内容や体制」について

全国の主要100社アンケートが朝日新聞に掲載されていた。

(2020年6月27日14版 朝刊1・7面)


その中で、テレワークの課題として、一番多かったのは(複数回答)

「機器やシステムの不足」(54社)だったが、

二番目が「社内コミュニケーションの希薄化」(53社)だ。



確かに、オンライン会議は頻繁に行われるようになったが、

それは公式なコミュニケーションで、

それ以外の何気ないコミュニケーションはどうしても減ってしまう。

記事でも旭化成の小堀秀毅社長は、

「対面なら、会議中に誰かが言ったことをヒントにアイデアが広がるが、

オンラインでは形式的な議論になりがちだ」と言っている。


在宅勤務が始まってからの働き方で感じている不満は、

まさしく、「コミュニケーション不足」と、ある種の「あそびのなさ」だ。

「あそび」といっても、仕事中に遊ぼうというのではない。


仕事の中の余白といえばよいだろうか、人との無駄かもしれない接点

(挨拶を交わす程度から、ちょっとした雑談まで)や、

移動時間といったものが非常に少なくなってしまったため、

一つの業務が終わったら、次、次と業務に取り組んでしまう。


「間」というものがなくなってしまっていることにストレスを感じる。

顧客を訪問することもないので、電車やバスにも乗らない。

以前は、電車での移動中は本や新聞を読んでいたが、それもできない。

新聞は、朝のうちの読み切り、本は休日にまとめて読むようになってきた。


ちょっとしたコミュニケーションに関しては、ほとんどなくなった。


職場で仕事をしていれば、

仕事の会話でも多少の冗談は言うだろうし、相づちも打つ。

目の前に座っていれば、仕事に関しても、仕事以外でも何らかの会話はする。

オンラインでは、余談や無駄話はゼロとは言わないが、か