兵站(ロジスティクス)から考える人事


『星系出雲の兵站』というSF小説がある。

遠い星にある宇宙軍の話で、異星人との戦闘にあたる補給部隊を描いている。

兵站(へいたん)とは、簡単にいえば、物流、ロジスティクスだ。


この本の中で、ある士官が

「英雄などというものは、戦争では不要だ。為すべき手段と準備が万全なら、

英雄が生まれる余地はない。勝つべき戦いで勝つだけだ。英雄の誕生とは、

兵站の失敗に過ぎん」

という。(林譲治著,『星系出雲の兵站1』ハヤカワ文庫JA, 2018, p.239)


兵站=物流がしっかりしており、前線に必要な物資が運ばれるなら、

英雄的行為は必要なく戦いに勝てるというのだ。


太平洋戦争で東南アジアに展開した日本軍が物資不足になったのは、

兵站に対する戦略をきちんと立てていなかったからだともいわれる。


兵站という考え方は、ビジネスでも生きる。


「英雄」でなりたつ組織は、「凡人に非凡なことをさせる」のではなく、

スター選手に売り上げ利益を依存する組織ということだ。

その時点で、組織の継続性は疑わしい。


利益を生む最前線にいかに資源・資材を投入し続けるか、

その設計をきちんとしていなければ、勝てるはずの戦いも勝てない。

ビジネスの場合、資材・資源は、人・もの・金・時間・情報など、

いわゆる経営資源と置き換えて考えられるだろう。


現場最前線に必要な「情報」が流れなければ誤った判断をしてしまうだろう。

十分な「時間」も与えられないままでは、

製品、サービスの品質は落ちるということはわかる。


そして、「人」は、「能力の総和」、「一人一人のモチベーション」、

「継続的な採用」、「育成、能力開発」、「組織文化」というように

とらえ直すと、わかりやすくなる。


さらに、頭数の問題では、かつて、