相手の話を聴く姿勢



新人が即戦力となるために


新入社員の皆さま、ご入社おめでとうございます。


ところで、皆さんの入社式は終わりましたか? その入社式でのトップの方々の挨拶は、皆さんへの期待と励ましに満ちたものだったでしょうか?

いずれにせよ、企業の先輩として、また人生の先輩として、ビジネスの最前線で文字通り戦い続けてきた人たちの言葉を、素直に、しっかり受け止めてください。

くれぐれも、せっかくお話しくださる人の目に、上の空で聞いているかのように映る態度や表情で聞くのは戒めたいものです。


もちろん、「そんなヘマはしないよ」という人が多いとは思いますが、人間の心の中は傍からは見えにくいものです。


どんなに本人は「真剣です」と言っても、あくびをしたり、目が余所見をしていたり、目をつむっていればどうでしょうか。「あの人は上の空だな。あっちの人は眠っているな」などと思われても仕方がないでしょう。

 

些細なことと思われるかもしれませんが、反対に、自分が相手から、上の空や小馬鹿にするような態度で接しられたらどう思いますか?


この聞く姿勢は、入社式に限ったことではありません。これから先の新人研修でも、先輩の方々との日常の会話でも、現場でのお客さまへの対応でも、いつでも必要なことなのです。


だからこそ、真剣に、かつ謙虚に聞いている自分の気持ちを誤解させない聞き方、心を傾けて聴く(傾聴)姿勢をまず身につけたいものです。


「自分がしてもらいたくないことを相手にするな!!」

「心は、傍目からは見えにくいもの。目に映る態度や表情に気をつけよ」


最新記事

すべて表示

成長しないのは会社のせい?

成長しないのは会社のせい?努力の主体は自分 ジェックでは、新入社員向けに「学生意識から、企業人としての意識への切り替え」を目的とした研修を行っています。なぜなら、学生のことの意識のままで、企業でうまくいくとは限らないからです。 例えば、学生は授業料を払って学校に通います。とこ

グローバルを受け入れる

日本企業が、「グローバル」という言葉を使いはじめて久しい。 日本企業が、外国に進出する機会も増えたが、 日本で、外国人社員として日本企業に入社してくる人たちも増えた。 この10年、ジェックで開催している新入社員研修に、 外国人社員が参加することが当たり前になってきた。 採用側

新人採用の判断基準は「即戦力」へ

「新卒一括採用なんて、日本だけ」などと、いかにも日本がダメかのようなことをいう人もいる。 そもそも、新卒一括採用とは、「企業が採用後に人材を育成する」という約束のもとに成り立つものである。 もしも、これを全面的になくすと、仕事実力のない新卒は、採用されなくなる。 おそらく、今でもそうだろうが、実力のある学生は、自ら仕事を選び取ることができているだろう。しかし、新卒一括採用がなくなれば、多数の学生は

創業 1964年6月

本社:東京都豊島区東池袋3丁目1-1 サンシャイン60ビル20階|日本

TEL 03-3986-6365 

大阪 名古屋 

嘉顧企業管理諮詢(上海)有限公司

JECC VIETNAM COMPANY LIMITED