組織の中で個性を伸ばそう!

最終更新: 3月27日


新人の皆さんへ


「組織を作る目的は、『凡人に非凡なことをさせる』こと」ですね。


 この意味は、「組織では、普通の人たちが、一人ではできない偉大なことができる」 という意味と、「組織では、自分の弱いところは、そのことが得意な人たちにカバーしてもらいやすくなる。その分、自分は自分の得意なことに専念できるので、その道の第一人者、すばらしい人になれる」という意味もあります。      

  このことから、私たちは「組織に入ることで、ますます個性が活かせるようになる」ということですね。


 ところで、「個性」とは何でしょうか? 一般的に、「個性」とは自分だからこその特徴や能力、持ち味のことをいうのでしょう。

「特徴」ということならば、文字通り、人は十人十色です。背の高さ、顔の形、目の大きさなど、さまざまな違い、特徴があります。


 ところが、「背が高い」という特徴は、「高いところに手が届く、遠くが見える」という長所とみることも、「足元が見えない、うどの大木」という短所と観ることもできます。

そして、自分の特徴を長所と捉えて、バスケットやバレーボールなどで活躍している人は、堂々と生きています。反対に「背が高い」という自分の特徴を、短所として捉えてしまったのか、背を丸めて生きている人もいます。


 同じ生きるなら、「自分の特徴」を長所として活かして、堂々と生きたいものです。  

 事実、カーセールスのジョー・ジラードは、一見すればセールスにとってマイナス的な「口ごもる」という特徴でさえ、「うまくしゃべれない分、聞き上手になろう。」と発想を変えました。結果として、販売台数でギネスの世界第一位という成果を出しました。


 また、個性が「能力」ということならば、「使わなければ衰え、磨けば伸びるのが能力」ですから、組織の中で能力を伸ばすことで個性はますます輝くことになります。


 要は、自分のなかに眠っている能力までを信じて、企業組織(プロ集団)に所属する一員の責任として、「地道な努力」を続けるかどうかでしょう。

 

 今一度、自分の特徴や能力を見直し、それを自分ならではの「持ち味」にしましょう。


 その際、組織にいるからこそ手にできる有利さを、存分に活用していきましょう。

タグ:

関連記事

すべて表示

試行錯誤の新人育成

「シャドウワーク」という育成方法がある。 簡単にいうと「育成対象者が、先輩の仕事の流れをそのまま何度もトレースする」というものだ。やがて必要なスキル、知識を持ったところで、先輩の仕事の一部を代行させる。 徐々に、代行させることを増やし、最終的に一人でできるまでに持っていく。

非公式組織の有効性

組織の中で、自然発生的に仲の良いグループ(非公式組織)が生まれることがある。 A:たまたま、休憩時間が同じで、ランチをいつも一緒に取るようになる。 趣味が一緒であることが分かり、休日にも会うようになる。 帰る方向が同じということで、「〇〇沿線会」のようなものができたりする。 B:新入社員には指導員がつくことが多い。 新入社員と指導員の関係は、指導期間が終わっても続いたりする。 その指導員にも指導員

成長しないのは会社のせい?

成長しないのは会社のせい?努力の主体は自分 ジェックでは、新入社員向けに「学生意識から、企業人としての意識への切り替え」を目的とした研修を行っています。なぜなら、学生のことの意識のままで、企業でうまくいくとは限らないからです。 例えば、学生は授業料を払って学校に通います。とこ