一人前とは

最終更新: 3月27日


 言われたことを言われた通り、マニュアル通りにできるだけでは、「一人前」とはいえません。本当に自信を持って仕事を一人前にできるようになるためには、まだまだ身につけなければならないことがたくさんあるでしょう。


 例えば、当社のことをご存じいただいている既存のお客さまでなく、当社のことも商品のことも全くご存じない、新規のお客さまを開拓するにはどうするのか?

 

マニュアルには載っていないトラブルや、部品がないときの応急処置にはどう対応するのか?


 先輩がしている高度で特殊な業務を、自分が担当できるようになるにはどうすればよいのか? などなど。        

 

 こうしたことを安心して任せてもらえるようになって、はじめて「一人前」として認められるのです。そして、「一人前という未知の自分の可能性」に挑戦する時期がスタートしたのです。


◆能力目標

 

 ご存じのように「自己責任意識」とは、「今の自分をつくったのも、将来の自分をつくるのも、すべて自分であり、自分以外の誰でもない」という考え方のことです。    

  

 しかし、「将来は、どういう分野でどう活躍していたいのか?」という「志」を明確にしないまま、目の前の選択をその都度の判断で重ねていくだけでは、あらぬ方向へ進んでしまう恐れが生じます。

 

 あの本田宗一郎氏が、「世界のホンダになる」と決めて、そのことを判断基準にして突き進んで成功したように、「志が選択を導く」のです。

 

しかし、スタートしたばかりの私たちの中には、人生全般の志というには早い、と感じる方もいらっしゃるでしょう。

 そこで、まず、これから半年後までに一人前として、どんな「能力」を、どのレベルまで伸ばすのか? という目標を明確にすることから始めて、選択を誤らないようにしましょう。


 一人前を目指して、果敢に挑戦しましょう。

タグ:

関連記事

すべて表示

試行錯誤の新人育成

「シャドウワーク」という育成方法がある。 簡単にいうと「育成対象者が、先輩の仕事の流れをそのまま何度もトレースする」というものだ。やがて必要なスキル、知識を持ったところで、先輩の仕事の一部を代行させる。 徐々に、代行させることを増やし、最終的に一人でできるまでに持っていく。

非公式組織の有効性

組織の中で、自然発生的に仲の良いグループ(非公式組織)が生まれることがある。 A:たまたま、休憩時間が同じで、ランチをいつも一緒に取るようになる。 趣味が一緒であることが分かり、休日にも会うようになる。 帰る方向が同じということで、「〇〇沿線会」のようなものができたりする。 B:新入社員には指導員がつくことが多い。 新入社員と指導員の関係は、指導期間が終わっても続いたりする。 その指導員にも指導員

成長しないのは会社のせい?

成長しないのは会社のせい?努力の主体は自分 ジェックでは、新入社員向けに「学生意識から、企業人としての意識への切り替え」を目的とした研修を行っています。なぜなら、学生のことの意識のままで、企業でうまくいくとは限らないからです。 例えば、学生は授業料を払って学校に通います。とこ